バイオポリプロピレン市場、2027年に5,600万米ドル規模到達見込み

市場の概要

バイオポリプロピレンの世界市場は、2021年に4,090万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.9%のCAGRで成長し、2027年には5,600万米ドル規模に達すると予想されています。

バイオポリプロピレンは、トウモロコシ、サトウキビ、植物油などのバイオマスを含む天然素材から作られるポリマーです。バイオポリプロピレンと合成ポリプロピレンの性質は似ています。バイオポリプロピレン、別名PPは、射出成形、テキスタイル、フィルム、包装産業、ボトル、ルービックキューブステッカー、ポリマーバンクノートなどに用途を見出された耐熱ポリマーです。従来のポリプロピレンは石油を原料としており、そのため大量の温室効果ガスが排出されていました。しかし、バイオポリプロピレンはサトウキビなどの天然素材から開発されたもので、従来のものと比べて環境に優しいのが特徴です。バイオポリプロピレンは融点が高く、医療器具や食器洗い機用の容器など、さまざまなプラスチック製品に使用することができます。また、強度や耐久性、耐熱性、剛性にも優れているため、様々なプラスチック製品に使用されています。

市場の動向

バイオポリプロピレンの需要増加の主な要因は、このポリマーから作られた射出成形部品が軽量であることです。そのため、自動車分野がこのポリマーの主要な推進力となっています。自動車全体の重量を軽量化するためにバイオポリマーを導入する傾向が高まっていることと、二酸化炭素排出量を最小限に抑えるための取り組みが、この分野でのバイオポリプロピレンの需要を促進しています。例えば、ゼネラルモーターズは、キャデラック・ドゥビルのシートバックやシボレー・インパラのトリムや棚にバイオポリプロピレンを使用しています。同様に、フォード社はフォード・フレックスの車内収納ボックスとフォーカスBEVのロードフロアにバイオポリプロピレンを使用しています。バイオポリプロピレンは、自動車産業以外にも、繊維、フィルム、食品包装などにも用途があり、予測期間中の需要を拡大させることが期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]