エリスロポエチン製剤市場、2027年に138億米ドル規模到達見込み

市場の概要

エリスロポエチン製剤の世界市場は、2021年に98億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.75%のCAGRで成長し、2027年には138億米ドル規模に達すると予想されています。

エリスロポエチン(EPO)は、赤血球(RBC)の産生を刺激するために腎臓で産生されるホルモンです。その欠乏は、ヘモグロビン値の低下や様々な病状につながる可能性があります。そのため、DNA組み換え技術により合成されたEPO製剤(EPO刺激剤:ESA)の需要が高まっています。EPO製剤は、DNA組み換え技術により合成されたEPO刺激剤(ESA)として知られており、通常、筋肉内投与され、血流に放出されて赤血球産生を促進します。現在では、投与スケジュールや投与方法の異なる様々なタイプのものが販売されています。EPO製剤は一般に、化学療法、慢性腎不全、抗ウイルス剤治療を受けている患者や、外科手術による周術期出血のリスクが高い患者に投与される傾向にあります。

市場の動向

癌、未熟児、慢性腎臓病(CKD)などによる貧血の患者は、通常、ヘモグロビン値が低下するリスクがあります。このことは、EPO製剤の世界市場にプラスの影響を与える重要な要因となっています。また、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染患者のジドブジン治療にも使用されています。さらに、世界的な高齢化により外科手術の必要性が高まっていることから、外科手術後の同種血輸血を最小限に抑えるためにEPO製剤が使用されるようになってきています。加えて、低侵襲(MI)手術に対する需要の高まりが、市場の成長を後押ししています。これとは別に、研究環境における新規治療薬としてのEPO薬の使用増加により、さまざまな疾患の治療への応用が拡大すると予測されます。これらの疾患には一般に、脊髄損傷(SCI)、うつ病、糖尿病、急性腎障害(AKI)、心不全患者の組み換え治療、虚血性脳卒中の神経保護剤などが含まれます。

主要な市場区分

エリスロポエチン製剤の世界市場は、薬剤クラス、製品タイプ、用途、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

薬剤クラス別の市場区分

・生物学的製剤

・バイオシミラー

製品タイプ別の市場区分

・エポエチンアルファ

・エポエチンベータ

・ダルベポエチンアルファ

・その他

用途別の市場区分

・血液内科

・腎臓疾患

・癌

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・病院

・在宅医療

・専門クリニック

・その他

主要な市場区分

エリスロポエチン製剤の世界市場における主要な企業としては、Amgen Inc.、Biocon Limited、Dr. Reddy’s Laboratories Ltd.、F. Hoffmann-La Roche AG、Intas Pharmaceuticals Ltd.、Johnson & Johnson、LG Chem Ltd.、Pfizer Inc.、Sun Pharmaceutical Industries Limited、Teva Pharmaceutical Industries Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]