ポリビニルアルコール(PVA)市場、2027年に14億米ドル規模到達見込み

市場の概要

ポリビニルアルコールの世界市場は、2021年に10億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.37%のCAGRで成長し、2027年には14億米ドル規模に達すると予想されています。

ポリビニルアルコール(PVA)とは、水溶性の合成高分子を指します。ポリ酢酸ビニルから商業的に生産され、一般に部分加水分解および完全加水分解の形態で入手できます。生分解性が高く、油脂や臭気に対する抵抗力があり、フィルム形成や乳化に使用されています。無味無臭で半透明であり、医薬品やサプリメントなどの水分バリアとして一般的に使用されています。さらにPVAは、紙やボードのコーティング剤、水溶性フィルム、剥離ライナー、犠牲被覆のメーカーとしても使用されています。そのため、製紙、食品包装、建築、エレクトロニクス、コーティング、印刷、繊維、化粧品などにおいて幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

世界的な食品・飲料業界の著しい成長と、包装ソリューション用の生分解性合成ポリマーに対する需要の高まりは、ポリビニルアルコール市場に明るい展望をもたらす重要な要因となっています。PVAは、毒性がなく、湿気や空気を遮断する性質があるため、食品包装材料の結合剤やコーティング剤として広く使用されています。さらに、洗剤や染料、農産物などの水溶性・使い捨て包装材の製造にPVAが広く導入されていることも、市場の成長を牽引しています。また、固形のシートやテープ、紐にして、漁業や海洋活動用のメッシュタイプのストッキングを作ることもできます。さらに、PVAベースのバイオコンポジットフィルムの開発など、さまざまな製品の技術革新も、市場の拡大要因として作用しています。これらのフィルムは、より高い生分解性、吸水性、フィラー充填能力を備えています。その他、特に発展途上国における急速な工業化、広範な研究開発(R&D)活動などの要因が、市場をさらに牽引することが予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]