エビ市場、2027年に940万トン規模到達見込み

市場の概要

世界のエビ市場は、2021年に790万トンの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は3.26%のCAGRで成長し、2027年には940万トン規模に達すると予想されています。

エビは、穏やかな海域に生息する甲殻類で、水草の中に卵を産みます。スープ、サラダ、寿司、カレー、パスタなどの調理に広く利用されており、人気の高い水産物の一つです。エビの摂取は、がんの予防、心臓の健康維持、アルツハイマー病予防、丈夫な骨と筋肉の形成につながるとされています。エビにはセレンと抗酸化物質が豊富に含まれているため、肌のきめを整え、活発な白血球を調整し、筋肉の代謝を高める働きがあります。さらに、免疫力の向上にも役立ちます。一般的に消費されているエビの種類には、タイガー、ブラウン、カクテル、ラングスティーヌ、ジャンボタイガー、ワイルドカラビネロス、ワイルドアルゼンチン、ガンベロロッソなどがあります。

市場の動向

エビは様々な料理の調理に重要な役割を果たし、主要な取引水産物の一つとなっています。また、生活習慣病の増加に伴い、世界的にタンパク質が豊富な食物を取り入れる傾向が高まっています。このことは、個人の健康意識の高まりと相まって、市場の成長を促進しています。そのため、有機農法の導入が進み、持続可能な開発に向けた各国の政府機関とともに、個人の関心も高まっています。その結果、世界中で有機エビの需要が高まり、市場の成長を後押ししています。さらに、この市場で事業を展開する主力企業は、市場での競争力を維持するために、冷凍、調理済み食品(RTE)、付加価値の高い製品群を提供しています。これらの製品群は保存期間が長く、エンドユーザーにとって調理の利便性が高いものとなっています。このほか、急成長する電子商取引分野、インターネットの普及拡大、スマートデバイスの売上増加などの要因が、オンライン流通チャネルを通じたエビの販売にプラスの影響を与え、市場の成長を促しています。また、世界各国の料理に対する消費意欲の高まり、多様で豊富な海洋・内陸資源の存在、新興国を中心とした冷凍保存施設の充実などの要因も、市場の成長に拍車をかけると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]