乳製品代替品市場、2027年に477億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の乳製品代替品市場は、2021年に249億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は11.4%のCAGRで成長し、2027年には477億米ドル規模に達すると予想されています。

乳製品代替品とは、動物由来の牛乳や牛乳をベースとした製品の代替品として使用される様々な食品や飲料のことを指します。これらの製品は、ナッツや種子などの植物由来のもので、カルシウム、ビタミン、ミネラル、鉄、カリウム、マグネシウムなどの必須栄養素が豊富に含まれています。また、脂肪分やカロリーが少ないので、乳糖不耐症の方によく利用されています。米、ココナッツ、カシューナッツ、オート麦、アーモンド、豆乳が一般的な乳製品代替品です。乳製品は、体重管理、健康な神経系の維持、赤血球(RBC)レベルの維持、脳機能の維持に役立っています。

市場の動向

糖尿病、心血管疾患、胃腸疾患などの慢性疾患の有病率の上昇と、乳糖不耐症の患者数の増加は、市場の成長を牽引する重要な要因の一つとなっています。乳製品代替品を摂取することの利点に関する意識の高まりは、乳製品代替品市場をさらに牽引すると予想されます。従来から使用されている乳製品と比較して、これらの代替食品は消化が良く、痛みを伴う膨満感やその他の胃の不調を引き起こすことはありません。さらに、世界的な菜食主義のトレンドやこれらの製品の生産工程における様々な技術的進歩も、市場の成長に寄与しています。例えば、メーカーは超高温(UHT)加工や酵素液化プロセスを活用して、製品の歩留まりや栄養価を高めています。その他、様々な甘味・フレーバー・無糖のバリエーションがあること、メーカーによる積極的なプロモーション活動、世界的な急速な都市化などの要因が、今後数年間、世界の乳製品代替品市場を牽引すると予想されています。

主要な市場区分

乳製品代替品の世界市場は、原料、配合、栄養素、流通チャネル、製品タイプに基づいて細分化されています。

原料別の市場区分

アーモンド

大豆

オーツ麦

ココナッツ

その他

配合別の市場区分

プレーン

加糖

無糖

フレーバー

加糖

無糖

栄養素別の市場区分

たんぱく質

でんぷん

ビタミン

その他

流通チャネル別の市場区分

スーパーマーケット、ハイパーマーケット

コンビニエンスストア

オンラインストア

その他

製品タイプ別の市場区分

チーズ

クリーム

ヨーグルト

アイスクリーム

牛乳

その他

市場の競合状況

乳製品代替品の世界市場における主要な企業としては、Blue Diamond Growers、Dohler GmbH、Earth’s Own Food Company Inc.、Eden Foods,Inc.、Freedom Foods Group、Nutriops S.L、Organic Valley、PANOS brands、Sanitarium、SunOpta Inc.、Hain Celestial Group, Inc.、The Whitewave Foods Company (Danone North America), Triballat Noyal, Valsoia S.p.A.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]