外骨格システム市場、2027年に52億7,580万米ドル規模到達見込み

市場の概要

外骨格システムの世界市場は、2021年に5億4,380万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は46.13%のCAGRで成長し、2027年には52億7,580万米ドル規模に達すると予想されています。

外骨格システムは、人間の知能と機械の力を利用してユーザーに機械的な強さを提供するウェアラブルなマンマシン機構です。外骨格システムは、ユーザーの安全性を向上させ、特定のタスクを実行するための全体的な効率性を高めるように設計された、動力付きのウェアラブルスーツで構成されています。人間の体の動きに合わせて調整・適応するスマートなアルゴリズムを採用しており、様々なセンサーやコンポーネントを制御するための電気接続を備えています。エクソスーツは、重いものを持ち上げるのを助け、背中の筋肉や背骨への負担を軽減します。また、高齢者が楽に歩けるようになり、転倒による怪我を防ぐことができます。現在、これらのシステムは、医療、軍事、産業など様々な分野で幅広く利用されています。

市場の動向

リハビリテーションセンターにおける外骨格システムのニーズの高まりと、世界的な産業活動の活発化が、市場成長の主な要因です。また、人間の体の仕組みを補助するためのモーターを搭載したロボットの開発も、市場成長の要因となっています。また、心筋梗塞、脊髄損傷、半身不随などの患者が増加していることも、医療分野における外骨格の需要を高めています。

また、軍事・産業分野における外骨格システムの採用率の上昇も、外骨格システム市場の成長を後押ししています。これらの分野では、システムは体の部位に合わせてカスタムフィットされ、必要な強度に応じてグラスファイバー、カーボンファイバー、アルミニウムを使用して作られます。さらに、複数の関節を効率的にサポートし、人間の動きを検知して外骨格のアクチュエーターを適切に反応させることができるため、軍事・産業分野での製品需要が高まっています。

主要な市場区分

世界の外骨格システム市場は、コンポーネント、タイプ、モビリティ、身体部位、最終用途産業、地域に基づいて細分化されています。

コンポーネント別の市場区分

ハードウェア

・センサー

・アクチュエーター

・パワーソース

・制御システム

・その他のコンポーネント

ソフトウェア

タイプ別の市場区分

・パワード

・パッシブ

モビリティ別の市場区分

・据え置き型

・モバイル

身体部位別の市場区分

・下半身

・上半身

・全身

最終用途産業別の市場区分

・ヘルスケア

・防衛分野

・産業用

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]