気道管理装置市場、2027年に28億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の気道管理装置市場は、2021年に19億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は7.1%のCAGRで成長し、2027年には28億米ドル規模に達すると予想されています。

気道管理装置は、患者の呼吸を維持または回復させるために利用されます。また、呼吸不全や急性閉塞の患者を治療するために、さまざまな医療処置を評価、計画、使用することも含まれます。このほか、肺を損傷から保護し、患者に酸素交換機能を提供します。上気道を開放し、スムーズな呼吸を可能にする気道管理装置として、声門上エアウェイ装置(SAD)、気管挿管、経気管アクセス、エアウェイクリアランスなどが一般的に使用されています。

市場の動向

呼吸器疾患の有病率の増加は、市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。また、手術件数の増加に伴い、麻酔の使用量も増加しています。また、手術中の気道確保や適切な呼吸の維持、患者の安全確保など、気道管理装置の多くの利点と相まって、市場の成長に寄与しています。このほか、小児や成人の肺疾患に伴う長引く病気や緊急治療の増加が、気道管理装置の需要を促進しています。さらに、術前気道評価のための高度な技術の登場も、市場の成長を促進しています。たとえば、術前内視鏡的気道評価(PEAE)は、換気障害を特定、予測し、効率的な管理のための計画を促進する技術であり、特に声門上エアウェイなどの先進装置を使用することが必要となっています。これらの気道装置は、気管挿管を容易にし、その結果患者の安全性を向上させ、その後さまざまな臨床用途に利用されています。

主要な市場区分

世界の気道管理装置市場は、製品、患者タイプ、用途、最終用途に基づいて細分化されています。

製品別の市場区分

声門上装置

中咽頭装置

鼻咽頭装置

喉頭エアウェイ

その他

声門外装置

気管内チューブ

気管切開チューブ

その他

蘇生器

喉頭内視鏡

その他

患者タイプ別の市場区分

成人

小児患者・新生児

用途別の市場区分

麻酔

救急

その他

最終用途別の市場区分

病院

在宅医療

その他

市場の競合状況

世界の気道管理装置市場における主要な企業としては、Ambu A/S、Armstrong Medical Ltd.、Becton Dickinson and Company、Flexicare (Group) Limited、Intersurgical Ltd.、Medline Industries Inc.、Medtronic plc、Mercury Enterprises Inc.、Smiths Group plc、Teleflex Incorporated、VBM Medizintechnik GmbH、Verathon Inc. (Roper Technologies Inc.)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]