プレフィルドシリンジ市場、2027年に109億4,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

プレフィルドシリンジ市場は、2021年に63億1,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は9.20%のCAGRで成長し、2027年には109億4,000万米ドル規模に達すると予想されています。

プレフィルドシリンジは、使い捨ての注射用ワクチンの1回分パックです。プレフィルドシリンジを使用することで、注射器を治療薬用のバイアルに挿入して投与量を引き出す際に起こりうる混和剤関連の汚染リスクを回避できるため、薬剤汚染の可能性を大幅に低減することができます。さらに、滅菌済み注射器と組み合わせることで、安全性を高め、緊急時に容易かつ迅速に治療薬をデリバリーできるほか、現場でのバイアル洗浄や脱パイロジェネレーション工程を省くことができます。そのため、バイオシミラーや生物製剤など、さまざまな注射剤を投与する際に、非経口的に治療薬を投与するための望ましい方法とされています。

市場の動向

世界市場は、糖尿病や自己免疫疾患などの慢性疾患の増加により、大きく成長しています。さらに、プレフィルドシリンジに充填された生物学的製剤を用いた慢性疾患の治療に対する需要が高まっていることも、この市場を後押ししています。さらに、医療従事者がプレフィルドシリンジ製品を広く導入していることや、主力企業による新製品の上市が相次いでいることも、市場を後押ししています。さらに、大幅な技術進歩に伴い、自己注射用非経口器具の導入も増加しており、これも市場の成長要因となっています。また、世界的な老年人口の増加や、医療インフラ全般の整備に向けた投資の拡大も、市場を牽引しています。その他、針刺し防止法に関する政府の支持的規制、プレフィルドシリンジの利点に関する意識の高まり、在宅医療の普及、製薬現場における生物製剤やバイオシミラーの人気の高まりなどの要因が、市場にさらなる有利な成長機会をもたらしています。

主要な市場区分

世界のプレフィルドシリンジ市場は、デザイン、素材、クロージングシステム、用途、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

デザイン別の市場区分

シングルチャンバー型プレフィルドシリンジ

デュアルチャンバー型プレフィルドシリンジ

カスタマイズ型プレフィルドシリンジ

素材別の市場区分

ガラス製プレフィルドシリンジ

プラスチック製プレフィルドシリンジ

クロージングシステム別の市場区分

ステイクドニードルシステム

ルアーコーンシステム

ルアーロックフォームシステム

用途別の市場区分

糖尿病

アナフィラキシー

関節リウマチ

オンコロジー

その他

エンドユーザー別の市場区分

病院

クリニック

その他

市場の競合状況

世界のプレフィルドシリンジ市場における主要な企業としては、Abbott Laboratories、B. Braun Melsungen AG、Baxter International Inc.、Bayer AG、Becton Dickinson and Company、Cardinal Health Inc.、Catalent Inc.、Fresenius SE & Co. KGaA、Gerresheimer AG、Nipro Corporation、Schott AG、Terumo Corporation、West Pharmaceutical Services Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]