射出成形プラスチック市場、2027年に3,636億1,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

射出成形プラスチック市場は、2021年に2,785億7,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.36%のCAGRで成長し、2027年には3,636億1,000万米ドル規模に達すると予想されています。

射出成形プラスチックは、アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)、高密度ポリエチレン(HDPE)、低密度ポリエチレン(LDPE)、ポリカーボネート(PC)、ポリアミド(ナイロン)、耐衝撃ポリスチレン(HIPS)、ポリプロピレン(PP)などの熱可塑性プラスチックを使用して製造されています。これらの材料はコストパフォーマンスが高く、軽量であるため、多くの消費財を製造するために世界中で利用が拡大しています。また、パッケージング、エレクトロニクス、医療業界など、さまざまな産業で利用されています。

市場の動向

低コストで高品質なプラスチックの大量生産に注力する企業の増加により、プラスチック製品製造のための高度な技術が開発されるようになりました。このことは、急成長する自動車産業と相まって、市場の成長を後押しする重要な要因の一つとなっています。射出成形プラスチックは、ゴルフクラブヘッド、プラスチッククラリネット、バッグ、フィルム、ボトル、ジオメンブレン、メガネレンズ、医療機器、携帯電話、食器、スポーツウェア、敷物、カーバッテリーなどに使用されています。これとは別に、食品用プラスチックのABSは、ミキシングボウル、ランチボックス、計量カップ、シトラス絞り器やバター皿、コーヒーメーカー、ミキサー、ブレンダー、フードプロセッサー、冷蔵庫部品などの生産に幅広い用途が見いだされています。また、マーガリン容器の蓋や桶など、高い引裂強度が要求される食品包装にも利用されています。また、ナイロンの電気特性、強靭性、安定性、耐摩耗性、耐衝撃性、耐薬品性などの特性により、ナイロンの需要が拡大しています。さらに、スポーツ愛好家の間でスポーツ用品に対する需要が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。さらに、世界中の建設産業で射出成形プラスチックの使用量が増加していることが、市場全体の売上高と収益性にプラスの影響を与えています。

主要な市場区分

射出成形プラスチックの世界市場は、原料および用途に基づいて細分化されています。

原料別の市場区分

ポリプロピレン(PP)

アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)

高密度ポリエチレン(HDPE)

ポリスチレン(PS)

その他

用途別の市場区分

パッケージング

消耗品・エレクトロニクス

自動車・輸送機器

建築・建設

医療

その他

市場の競合状況

射出成形プラスチックの世界市場における主要な企業としては、BASF SE、Berry Global Inc.、Chevron Phillips Chemical Company LLC、Dow Inc.、Eastman Chemical Company、ExxonMobil Corporation、Hepner Molds Inc.、Huntsman International LLC、Ineos Group Ltd、LyondellBasell Industries Holdings B.V、Mitsubishi Chemical Corporation、Rutland Plastics Limited、Saudi Basic Industries Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]