肺炎球菌ワクチン市場、2027年に116億米ドル規模到達見込み

市場の概要

肺炎球菌ワクチンの世界市場は、2021年に85億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.4%のCAGRで成長し、2027年には116億米ドル規模に達すると予想されています。

肺炎球菌感染症は肺炎連鎖球菌によって引き起こされる病気で、肺や血液(菌血症)、脳や脊髄の内膜(髄膜炎)に重度の感染症を引き起こす可能性があります。ワクチンは、免疫系を刺激し、重篤な感染症の原因となる細菌株を防ぐことで、子どもから大人までを守ることができます。これらのワクチンは、感染の拡大を防ぎ、致死率を下げ、入院の必要性をなくすことができるため、世界中で広く使用されています。

市場の動向

世界保健機関(WHO)によると、2~5歳の子どもは肺炎球菌感染症のリスクが高いとされています。このことは、出生率の上昇や、子供の健康に対する親の関心の高まりと相まって、市場の成長を促進する大きな要因の一つとなっています。また、高齢者人口の増加も市場の成長に寄与しています。これは、高齢者に重篤な合併症を引き起こす可能性のあるこの病気の伝染性に起因すると考えられています。さらに、喫煙者や慢性疾患を持つ人の増加も、市場の成長にプラスの影響を与えています。さらに、多くの国の政府機関が乳幼児の定期的な予防接種に肺炎球菌ワクチン(PCV)を導入していることも、市場の成長を促進すると予想されます。

主要な市場区分

世界の肺炎球菌ワクチン市場は、ワクチンタイプ、製品タイプ、流通チャネル、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

ワクチンタイプ別の市場区分

・肺炎球菌コンジュゲートワクチン

・肺炎球菌ポリサッカライドワクチン

製品タイプ別の市場区分

・プレブナール13

・シンフロリックス

・ニューモバックス23

流通チャネル別の市場区分

・流通パートナー企業

・非政府組織(NGO)

・政府機関

エンドユーザー別の市場区分

・小児科

・大人

市場の競合状況

世界の肺炎球菌ワクチン市場における主要な企業としては、Astellas Pharma Inc., GlaxoSmithKline Plc., Merck & Co. Inc., Panacea Biotec Ltd., Pfizer Inc., Sanofi S.A., Serum Institute of India Pvt Ltd,  Walvax Biotechnology Co. Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]