デジタル印刷市場、2027年に387億5,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のデジタル印刷市場は、2021年に252億1,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は7.20%のCAGRで成長し、2027年には387億5,000万米ドル規模に達すると予想されています。

デジタル印刷とは、デジタルベースの画像を写真、キャンバス、合成繊維、カードストックなどの複数のメディア基材に直接印刷する現代的な技法を指します。印刷された画像は、PDFやJIPなど様々な形式に変換することができます。デジタル印刷は、従来のアナログ印刷に比べ、刷版が不要で、精度、柔軟性、耐久性、コストパフォーマンスが高く、作業スペースも少なくて済むという特長があります。そのため、高精細な図柄の印刷やカスタマイズされた販促物の印刷などに広く利用されています。現在、デジタル印刷には、インクジェットやレーザーなど、さまざまなタイプがあります。

市場の動向

テキスタイルやパッケージングの分野でデジタル印刷ソリューションが広く導入されているのは、紫外線(UV)硬化インク、高品質のグラフィック、ディテール、透明度の高い印刷機、運用コストの削減などの要求が高まっているためと考えられます。また、衣料、自動車、eコマース、ソフトサイネージ、メディア、広告などの用途で、販促用ウェア、バナー、フラッグ、ラベル、美観に優れた製品パッケージなどの制作にデジタル印刷が広く利用されていることも、市場の成長を促進する要因となっています。さらに、ファイルから最終製品までのさまざまな前処理工程を省き、無駄を省くために、従来の印刷方法よりもデジタル印刷に移行するメーカーの傾向も、市場の成長を後押ししています。また、消費者の環境意識の高まりも、持続可能な印刷技術の利用を促進しています。これとは別に、主力企業間の戦略的コラボレーションや、LATEXや昇華型など、新しいインクや染料を導入するための研究開発活動への投資が活発化していることも、市場に明るい展望をもたらしています。

主要な市場区分

世界のデジタル印刷市場は、タイプ、インクタイプ、用途に基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

インクジェット

レーザー

インクタイプ別の市場区分

水性インク

UV硬化型インク

溶剤系インク

ラテックスインク

昇華型インク

用途別の市場区分

プラスチックフィルム・箔

ガラス

紙・書籍

セラミック

その他

市場の競合状況

世界のデジタル印刷市場における主要な企業としては、Amcor plc、Avery Dennison Corporation、Canon Inc. (Agfa-Gevaert Group), Konica Minolta Inc., Multi-Color Corporation, Ricoh Company Ltd., Seiko Epson Corporation, Walsworth Publishing Company, Xeikon B.V. (Flint Group), Xerox Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]