風力発電市場、2027年に1,232億4,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の風力発電市場は、2021年に761億7,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.10%のCAGRで成長し、2027年には1,232億4,000万米ドル規模に達すると予想されています。

風力エネルギーは、運動エネルギーを機械エネルギーに変換する風力タービンによる発電に利用される、クリーンで再生可能なエネルギー源です。化石燃料や燃焼に依存し、窒素酸化物(NO)や二酸化硫黄(SO2)を排出する従来のエネルギー資源のように、環境に影響を与えることはありません。また、持続可能でコストパフォーマンスが高く、容易に利用できることから、風力発電は世界中の商業、産業、家庭の幅広い分野で利用されています。

市場の動向

現在、環境問題の高まりと各国政府が課す厳しい規制のために、再生可能エネルギー源を導入する動きがかなり活発になってきています。これは、急速な都市化や電子機器への大きな依存によるエネルギー消費の急増と相まって、市場の成長を促す重要な要因となっています。さらに、風力は従来の送電線を延長できない遠隔地でのエネルギー生成に便利な資源として機能します。また、電力コストの安定化や供給不足の解消にも役立ちます。これとは別に、風力発電技術の性能向上と価格低下が、風力エネルギーの利用を促進しています。さらに、風力エネルギーのニーズの高まりは、風力タービンの部品製造、建設・据付、保守・運用、法務・マーケティングサービス、輸送・物流など、数多くの長期的な雇用機会を提供しています。さらに、世界中の配電網に大型風力タービンを設置する動きが活発化しています。これは、陸上および洋上風力発電所の数の増加と相まって、市場の成長を促進しています。また、今後の風力発電プロジェクトに対する投資の拡大が、市場に好影響を与えると予想されています。

主要な市場区分

世界の風力発電市場は、コンポーネント、電力量、設置場所、タービンタイプ、用途に基づいて細分化されています。

コンポーネント別の市場区分

タービン

支持構造

電気インフラ

その他

電力量別の市場区分

2MW未満

2MW以上5MW未満

5MW以上8MW未満

8MW以上10MW未満

10MW以上 12MW未満

12MW以上

設置場所別の市場区分

オフショア

オンショア

タービンタイプ別の市場区分

水平軸

垂直軸

用途別の市場区分

ユーティリティ

産業用

商業用

家庭用

市場の競合状況

世界の風力発電市場における主要な企業としては、ABB Ltd., Ameren Corporation, Avangrid, Inc. (Iberdrola S.A), Dnv (Det Norske Veritas group), Enercon GmbH, General Electric Company, Goldwind, NextEra Energy Resources, LLC, Nordex SE, Siemens AG, Vestas Wind Systems A/S, Wind World (India) Limited, Xcel Energy Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]