豆腐市場、2027年に34億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の豆腐市場は、2021年に25億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.14%のCAGRで成長し、2027年には34億米ドル規模に達すると予想されています。

豆腐は、新鮮な豆乳を凝固させ、固形ブロックにプレスして作られる、クリーミーでタンパク質が豊富な大豆製品を指します。未加工の豆腐は、一般に、超軟質、軟質、絹ごし、堅め、超堅めなど、さまざまな食感のものがあります。スパイス、調味料、ソース、マリネなどの風味を効果的に吸収することができるため、さまざまな料理に広く使われています。鉄、カルシウム、マグネシウム、銅、亜鉛、アミノ酸、ビタミンB1など、さまざまな栄養素や健康を促進する化合物が豊富に含まれており、心臓や骨の健康増進、体重管理などに役立ちます。

市場の動向

食品・飲料業界の著しい成長と、ビーガン食品に対する消費者の嗜好の高まりは、市場の成長を牽引する重要な要因の一つとなっています。これに伴い、健康志向の高まりやさまざまな生活習慣病の増加により、低脂肪・低コレステロールのビーガンおよび大豆ベースの食品が広く取り入れられるようになっています。さらに、豆腐ベースのソース、ハンバーガー、ホットドッグ、アイスクリーム、シェイク、デザートなど、斬新な製品群が継続的に上市されていることも、市場の成長を促進する要因となっています。レストランやカフェなどの飲食店では、豆腐のさまざまな味や組み合わせを試して、斬新でユニークな料理を客に提供しています。さらに、世界中でグルテンフリーや低炭水化物食品の高級化が進んでいることも、有機豆腐を食事に取り入れるきっかけになっています。その他、メーカーによるソーシャルメディアプラットフォームでの積極的なプロモーション活動、さまざまなオンラインストアによる入手の容易性、消費者支出の増加、急速な都市化などの要因が、市場をさらに牽引すると予測されています。

主要な市場区分

世界の豆腐市場は、製品、タイプ、用途、流通チャネルに基づいて細分化されています。

製品別の市場区分

加工済豆腐

未加工豆腐

タイプ別の市場区分

オーガニック

コンベンショナル

用途別の市場区分

ホテル、レストラン、ケータリング

食品加工

家庭

その他

流通チャネル別の市場区分

直販

スーパーマーケット、ハイパーマーケット

コンビニエンスストア

専門店

オンラインストア

その他

市場の競合状況

世界の豆腐市場における主要な企業としては、Amy’s Kitchen、Eden Foods Inc.、Hain Celestia、House Foods Group、Kikkoman、Morinaga & Company、Pulmuone、Tofurky、Vitasoyなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]