エアゾール缶市場、2027年に148億米ドル規模到達見込み

市場の概要

エアゾール缶の世界市場は、2021年に119億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は3.4%のCAGRで成長し、2027年には148億米ドル規模に達すると予想されています。

エアゾール缶は、液体の粒子を細かい霧やスプレー、泡の形で噴霧する、一体型の携帯用ディスペンサーまたは容器です。通常、アルミニウムや スチール、プラスチックで製造され、光や空気、湿度、ガス、微生物から内容物を保護します。シェル、バルブ、ディップチューブ、液体製品および液化ガス推進剤の混合物から構成されています。バルブが開くと、製品はディップチューブを通って上昇し、推進剤によって気化されて細かい粒子に変化します。エアゾール缶は、他の容器と比べて使い勝手がよく、密閉性が高く、多層構造になっているため、多くの人々に利用されています。そのため、農業、自動車、パーソナルケア、医薬品、食品・飲料など幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

世界中で化粧品やパーソナルケア製品の需要が着実に増加していることは、市場の成長を牽引する重要な要因の一つです。これは主に、ライフスタイルの変化に伴う消費者支出の増加によるもので、デオドラント、ヘアスプレー、ボディミストなど、高品質のパーソナルケア製品の売上が急増しています。さらに、自動車の保護や個性化のために、自動車産業でスプレー塗料を使用するケースが増加していることも、市場の成長に拍車をかけています。さらに、エアゾール缶のリサイクル性や再利用性に関する消費者の意識が高まっていることも、市場の成長を促進する要因となっています。アルミ製エアゾール缶は、リサイクル可能なアルミニウムを使用して製造されるため、環境に優しく、コスト効率とエネルギー効率に優れた製品です。また、肥料や殺虫剤を散布する農業分野での利用が拡大していることも、市場をさらに牽引すると予想されています。

主要な市場区分

エアゾール缶の世界市場は、製品タイプ、素材、使用推進剤、容量、用途に基づいて細分化されています。

製品タイプ別の市場区分

ストレートウォール型エアゾール缶

くびれ型エアゾール缶

変形エアゾール缶

素材別の市場区分

アルミ

鉄鋼

プラスチック

その他

使用推進剤別の市場区分

圧縮ガス推進剤

液化ガス推進剤

容量別の市場区分

100ml未満

100〜250ml

251~500ml

500ml超

用途別の市場区分

パーソナルケア製品

家庭用製品

ヘルスケア製品

自動車用製品

その他

市場の競合状況

エアゾール缶の世界市場における主要な企業としては、Aero-pack Industries Inc.、Ardagh Group S.A.、Arminak & Associates, Inc.、Alucon Public Company Limited、Ball Corporation、Bharat Containers、CCL Containers、Colep、Crown Holdings Inc.、DS Containers Inc.、Exal Corporation、Jamestrong Packaging、Nampak Ltd、Splay Products、WestRock groupなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]