犬のアトピー性皮膚炎市場、2027年に38億9,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

犬のアトピー性皮膚炎の世界市場は、2021年に15億6,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は16.4%のCAGRで成長し、2027年には38億9,000万米ドル規模に達すると予想されています。

犬のアトピー性皮膚炎(CAD)は、花粉、ハウスダスト、虫刺され、草、食品成分などのアレルゲンによって引き起こされる犬のアレルギー性皮膚疾患です。一般的に生後6カ月から3歳までの犬に発症する、遺伝性の素因があります。腹部、口、目、趾間皮膚、耳介、手根、肘、会陰部などに発症することが多いとされています。CADは、前足、脇の下、顔などを過剰に掻く、炎症、痒みなどの様々な症状が特徴です。治療には、免疫抑制剤、モノクローナル抗体、グルココルチコイドが用いられます。これらは、内服薬、注射薬、外用薬で投与されます。ジャーマンシェパード、ラブラドール、ゴールデンレトリバー、パグに多く見られることが知られています。

市場の動向

世界中で飼い犬にCADの発生が増加していることは、市場に明るい展望をもたらす重要な要因の一つです。これは、環境条件の変化、大気汚染レベルの上昇、アレルゲンへの長期的な暴露が原因であると考えられています。また、赤み、脂っぽい皮膚、酵母のような臭いなど、CADの初期症状や兆候に対する飼い主の懸念と意識の高まりが、市場の成長を促進しています。さらに、この病気の治療にモノクローナル抗体を広く導入していることも、市場の成長に好影響を与えています。これらの抗体は、必要な免疫反応を誘導し、病気の蔓延を沈静化させるのに役立ちます。これに伴い、動物へのより良いケアを提供することに専念する獣医開業医、病院、診療所の数が増加していることも、市場成長に好影響を与えています。その他、動物に対する適応外ヒト治療薬の使用を制限するためのさまざまな政府施策の実施や、獣医学分野における広範な研究開発(R&D)などが、市場の成長を後押しすることが予想されています。

主要な市場区分

犬のアトピー性皮膚炎の世界市場は、薬効分類、投与経路、流通チャネルに基づいて細分化されています。

薬効分類別の市場区分

グルココルチコイド

免疫抑制剤

モノクローナル抗体

その他

投与経路別の市場区分

外用剤

経口剤

注射剤

流通チャネル別の市場区分

動物病院

ペットクリニック

薬局・ドラッグストア

その他

市場の競合状況

犬のアトピー性皮膚炎の世界市場における主要な企業としては、AB Science、Bimeda Inc.、Bioceltix SA、Boehringer Ingelheim International GmbH、Ceva Sante Animale、Dechra Pharmaceuticals PLC、Elanco Animal Health Incorporated、Phibro Animal Health Corporation、Toray Industries Inc.、Vetoquinol S.A、 Virbac、Zoetis Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]