石炭火力発電市場、2027年に2,438.6GW規模到達見込み

市場の概要

世界の石炭火力発電市場は、2021年に2,023.6GWの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は3.07%のCAGRで成長し、2027年には2,438.6GW規模に達すると予想されています。

石炭火力発電所は、亜瀝青炭や揮発性の低い石炭の燃焼を利用して発電する火力発電所の一種です。石炭を燃焼させ、様々な技術を用いて熱エネルギー、機械エネルギー、電気エネルギーを生成することで機能します。石炭は入手が容易でコスト効率が高いため、世界中で最も広く使用されている発電源です。また、石炭火力発電所は、原子力発電所に比べて信頼性や安全性に優れています。

市場の動向

急速な工業化によるエネルギー需要の増加と、世界中で電化への依存度が高まっていることが、市場の成長を後押しする主な要因の一つです。しかし、石炭火力発電は、二酸化炭素(CO2)、二酸化硫黄(SO2)、窒素酸化物(NOx)などの汚染ガスを大量に発生させます。環境問題への関心の高まりを受けて、様々な国の政府機関やエネルギー関連企業が、クリーンな石炭技術を導入するための研究開発プロジェクトに多額の投資を行っています。例えば、研究者たちは、エネルギー生産プロセスを脱炭素化するための柔軟でコスト効率の高いソリューションを提供するCCS(Carbon Capture and Storage)機能を備えた発電所を開発しています。

主要な市場区分

世界の石炭火力発電市場は、タイプ別、エンドユーザー別、地域別に細分化されています。

タイプ別の市場区分

・微粉炭システム

・サイクロン炉

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・住宅

・商業

・工業

地域別の市場区分

北アメリカ

・アメリカ

・カナダ

アジア太平洋地域

・中国

・日本

・インド

・韓国

・オーストラリア

・インドネシア

・その他

ヨーロッパ

・ドイツ

・フランス

・イギリス

・イタリア

・スペイン

・ロシア

・その他

ラテンアメリカ

・ブラジル

・メキシコ

・その他

中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の石炭火力発電市場における主要な企業としては、American Electric Power Company, China Huaneng Group Co. Ltd., Dominion Energy Solutions Inc., Duke Energy Corporation, Eskom Holdings SOC Ltd., Jindal India Thermal Power Limited, NTPC Limited, RWE Aktiengesellschaft, STEAG GmbH (Ksbg Kommunale Beteiligungsgesellschaft Gmbh & Co. Kg), Tenaga Nasional Berhadなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]