セキュリティアプライアンス市場、2027年に2,121億米ドル規模到達見込み

市場の概要

セキュリティアプライアンス市場は、2021年に1,024億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は13%のCAGRで成長し、2027年には2,121億米ドル規模に達すると予想されています。

セキュリティアプライアンスは、ネットワーク管理とセキュリティのために使用されるさまざまなツール、機器、慣行を指します。これらは、プライベートネットワークへの不正アクセスを防止し、データセキュリティを最大化するために、組織がクラウド上またはオンサイトで展開します。一般的に使用されるセキュリティアプライアンスには、ファイアウォールや侵入検知・防止、コンテンツ管理、統合脅威管理、仮想プライベートネットワーク(VPN)用のシステムなどがあります。これらのツールは、ネットワークを侵害から守るために予防的かつ対応的な方法を用い、ウェブフィルタリング、レガシーマルウェア保護、高度な脅威防御システムを利用して、インターネット上の脅威から保護することができます。このような利点から、セキュリティアプライアンスは、銀行、金融サービス、保険(BFSI)、防衛、情報技術(IT)、医療など、さまざまな業界で用途を見出すことができます。

市場の動向と推進要因

世界中でサイバー脅威やセキュリティ侵害が増加していることは、市場の成長を牽引する重要な要因の一つです。組織は、サイバーフィッシング、ウェブハッキング、ハクティビズム、サイバースパイから機密データを保護するために、費用対効果の高い効率的なメカニズムを導入しています。さらに、企業間でBYOD(Bring-your-Own-Devices:自分のデバイスを持ち込む)の傾向が強まっていることも、市場の成長を後押ししています。この傾向により、組織や個人は、スマートフォン、タブレット、ラップトップを通じてマルウェアや脅威に対してより脆弱になっています。これに伴い、クラウドベースのソリューションの導入が増加していることも、市場の成長に寄与しています。セキュリティアプライアンスとクラウド・コンピューティングの統合は、データ保存の効率化、サーバーへのリモートアクセス、パターン検知のための分析に役立ち、これらのアプライアンスの需要増加に寄与しています。また、セキュリティアプライアンスの性能向上など、さまざまな技術的進歩も市場に明るい展望をもたらす要因となっています。

主要な市場区分

世界のセキュリティアプライアンス市場は、タイプ、導入形態、エンドユーザー、業種に基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

ファイアウォール

統合脅威管理(UTM)

侵入検知・防御 (IDP)

コンテンツ管理

仮想プライベートネットワーク(VPN)

その他

導入形態別の市場区分

クラウド型

オンプレミス

エンドユーザー別の市場区分

中小企業

大企業

業種別の市場区分

BFSI

ヘルスケア

IT・通信

小売

エネルギー・公共事業

製造業

その他

市場の競合状況

世界のセキュリティアプライアンス市場における主要な企業としては、Bosch Sicherheitssysteme GmbH(Robert Bosch GmbH)、Check Point Software Technologies、Cisco Systems Inc.、Fortinet Inc.、Hewlett Packard Enterprise Company、Honeywell International Inc.、Intel Corporation、Juniper Networks Inc.、NortonLifeLock Inc.、Palo Alto Networks Inc.、Trend Micro Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]