グルテンフリー製品市場、2027年に283億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のグルテンフリー製品市場は、2021年に175億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.2%のCAGRで成長し、2027年には283億米ドル規模に達すると予想されています。

グルテンは、通常、パン、焼き菓子、シリアル、パスタなどの小麦製品に含まれるタンパク質です。また、モルト、モルトビネガー、ビール、各種食品着色料などの大麦を原料とする製品にも含まれています。グルテンは、食品に弾力性と水分を与え、調理中に製品の形状を保持するのをサポートします。このタンパク質は摂取しても安全ですが、セリアック病、グルテン過敏症、グルテン失調症、小麦アレルギーの方は摂取を控える必要があります。グルテンフリーの食品は、オリーブオイル、卵、魚、野菜、果物、ハーブなど多岐にわたりますが、エネルギーレベルの向上、消化器系の疾患、体内のコレステロールや脂肪の低減に役立つものが多いのが特徴となっています。

市場の動向

世界中でグルテン不耐症、過敏性腸症候群(IBS)、セリアック病などの有病率が上昇していることは、市場の成長を牽引する重要な要因の一つです。このような病気の予防策に対する消費者の意識が高まっており、消化の良いグルテンフリー製品の需要が高まっています。さらに、多忙なスケジュールや多忙なライフスタイルのため、消費者はグルテンフリーの調理済み食品、パスタ、ベビーフード製品を選ぶ傾向が高まっています。また、体重管理プログラムやダイエットプランに、穀物不使用の代替食品を取り入れる需要も高まっています。さらに、eコマース産業の隆盛により、ベンダーは消費者に幅広い製品群を提供するためにオンライン販売システムを導入しています。また、消費者の注目を集めるために、クリーンなラベリングを施した魅力的で持続可能なパッケージングを製造しており、これが市場に好影響を与えると予想されています。

主要な市場区分

世界のグルテンフリー製品市場は、製品タイプ、原料、流通チャネルに基づいて細分化されています。

製品タイプ別の市場区分

ベーカリー製品

パン・ロールパン・バンズ・ケーキ

クッキー・クラッカー・ウェハース・ビスケット

ベーカリーミックス、小麦粉

スナック菓子・レトルト食品

ピザ・パスタ

調味料・ドレッシング

その他

製品タイプにより、ベーカリー製品、スナック菓子・レトルト食品、ピザ・パスタ、調味料・ドレッシング、その他に細分化されています。このうち、ベーカリー製品は最も好まれる製品カテゴリーです。

原料別の市場区分

動物性

乳製品

肉類

植物性

米・トウモロコシ

油糧種子および豆類

その他

原料別では、動物性ソースと植物性ソースに二分されます。

流通チャネル別の市場区分

従来型店舗

原料食料品店

量販店

倉庫クラブ

オンラインショップ

専門店

ベーカリー

菓子店

グルメ

ドラッグストア・薬局

流通チャネル別に、従来型店舗(食品スーパー、量販店、倉庫型店舗、オンラインストア)、専門店(ベーカリーストア、菓子店、グルメストア)、ドラッグストア・薬局に分かれています。現状では、従来型店舗が圧倒的に優位な市場となっています。

地域別の市場区分

北米

欧州

アジア太平洋地域

中東・アフリカ

中南米

地域別では、北米がグルテンフリー製品の世界最大の市場シェアを占めています。

市場の競合状況

世界のグルテンフリー製品市場における主要な企業としては、Kraft Heinz Company, Hain Celestial Group, Boulder Brands, General Mills, Pinnacle Foods, Kellogg’s, Hero Group, Freedom Nutritional Products, Warburtons, Barilla Group, Glutamel, Raisio Group, Dr. Schar Company, Domino’s Pizza Enterprises, Alara Wholefoods Ltd, Genius Foods, Enjoy Life Foods, Silly Yak Foodsなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]