ホルモン補充療法市場、2027年に115億米ドル規模到達見込み

市場の概要

ホルモン補充療法市場は、2021年に81億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.1%のCAGRで成長し、2027年には115億米ドル規模に達すると予想されています。

ホルモン補充療法(HRT)は、人間の体内に低濃度で存在するホルモンを補充するために行われます。この治療法は、成長ホルモン欠乏症の患者、閉経間近の女性、性腺機能低下症の高齢者に特に適しています。HRTには、皮膚や口に貼るパッチ(経皮吸収型)、ジェル、注射、インプラントなど、いくつかの形態があります。ただし、血栓症の既往歴がある方、肝臓疾患のある方、未治療の高血圧のある方は、HRTが適さない場合があります。また、この療法には、膨満感、むくみ、吐き気、脚の痙攣、頭痛、消化不良、コレステロール値の上昇、赤血球数の増加などの副作用がある場合があります。

市場の動向及び成長要因

高齢者や新生児人口におけるホルモンバランスの乱れの発生の急増が、主に市場成長の原動力となっています。また、安全性の高い新しい治療法へのニーズが高まっていることも、ホルモン補充療法の需要を高めています。さらに、主要企業による積極的なマーケティングや直販キャンペーン、新しいゲル状製剤の開発が、これらの治療法にとって魅力的な市場を生み出しています。さらに、消費者の意識の高まりや、定期的にモニターされる製剤の存在なども、市場の成長要因となっています。

主要な市場区分

世界のホルモン補充療法市場は、製品、投与経路、疾患、地域に基づいて細分化されています。

製品別の市場区分

エストロゲン補充療法

ヒト成長ホルモン補充療法

甲状腺補充療法

男性ホルモン補充療法

その他

製品別では、エストロゲン補充療法が市場シェアの大半を占めています。

投与経路別の市場区分

経口

非経口

経皮

疾患別の市場区分

更年期障害

甲状腺機能低下症

男性性腺機能低下症

成長ホルモン欠乏症

その他

地域別の市場区分

北米

欧州

アジア太平洋地域

中東・アフリカ

中南米

地域別では北米が最大の市場であり、市場シェアの大半を占めています。

市場の競合状況

世界のホルモン補充療法市場における主要な企業としては、A Abbott Laboratories, Bayer AG, Eli Lilly & Company, Roche, Hisamitsu Pharmaceutical Co. Inc., Merck, Mylan, Novartis, Novo Nordisk and Pfizerなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]