木酢液市場、2027年に63億9,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の木酢液市場は、2021年に43億3,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.50%のCAGRで成長し、2027年には63億9,000万米ドル規模に達すると予想されています。

木酢液は、ピロリン酸としても知られ、木材やその他の植物原料の破壊蒸留によって得られる暗色の液体で、空気のない環境で新鮮な木材を燃焼させることが特徴となっています。種子の発芽促進、堆肥化促進、野菜の生育促進、土壌の肥沃化、植物の耐病性向上、植物の根系強化、農作物の細菌感染防止などに効果があります。そのため、世界中の農業、食品・飲料(F&B)、医薬品、パーソナルケア、化粧品産業で幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

肉や魚介類などの加工食品に独特の風味を与える木酢液の利用が拡大していることは、現在、市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。また、急成長する食品・飲料(F&B)産業と相まって、酸味料としての酢酸の用途が増加していることも、木酢液の需要を喚起する要因となっています。さらに、市場の主力企業は、製品の差別化のためにさまざまな種類の木材を使用しています。また、ターゲットとする消費者の間でブランド認知度を高めるために、販促キャンペーンに資金を投じています。これは、全体的な収率を向上させるための効果的でより効率的な熱分解技術の導入とともに、市場の成長を推進しています。これに加えて、世界中の消費者の間で有機食品への需要が高まっています。これは、農作物の生産を向上させるために農業界で木酢液を肥料として使用することが増えていることと相まって、市場にプラスの影響を及ぼしています。これとは別に、農薬や化学肥料の使用を減らすために数カ国の政府によって実施されている厳しい規制は、市場の投資家に有利な成長機会を提供しています。

主要な市場区分

世界の木酢液市場は、用途と熱分解方法に基づいて細分化されています。

用途別の市場区分

農業分野

動物飼料

食品、医薬品、消費者製品

その他

熱分解方法別の市場区分

低速熱分解

高速熱分解

中間熱分解

市場の競合状況

世界の木酢液市場における主要な企業としては、Ace (Singapore) Pte Ltd, Applied Gaia Corporation, Byron Biochar, Doi & Co. Ltd., Nettenergy B.V., New Life Wood Vinegar, Sane Shell Carbon Private Limited, Tagrow Co. Ltd., Taiko Pharmaceutical Co. Ltd., VerdiLifeなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]