腫瘍情報システム市場、2027年に53億5,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の腫瘍情報システム市場は、2021年に34億1,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は7.50%のCAGRで成長し、2027年には53億5,000万米ドル規模に達すると予想されています。

腫瘍情報システム(OIS)とは、がんの診断、患者プロファイルの最適化、生存率向上のための適切な治療法の特定を目的とした包括的な情報および画像管理ソリューションのことです。OISには、スクリーニング、予防、分析、治療、緩和ケアが含まれます。従来の技術に比べ、OISはリモートアクセス、計画的治療、将来予測、臨床および非臨床で取得したデータの適切な管理などを提供します。さらに、OISは診断の詳細や治療パターンの追跡を支援するため、診療所、研究所、病院、研究センターなどで幅広く採用されています。

市場の動向

腫瘍情報システム市場は、タバコの消費量の増加やライフスタイルの変化により、特に高齢者の間でがんの有病率が増加していることが主な原因となっています。OISは電子医療記録(EHR)を管理し、患者ベースのサービスの向上、疾病メカニズムに関する新たな洞察の創出、疾病の早期拡大の検出、より良い治療オプションの提供をさらに支援します。これに伴い、紙ベースの記録作成、処方、治療計画の誤りを軽減するためのブロックチェーンと人工知能(AI)の統合などの著しい技術的進歩が、その他の成長要因として作用しています。さらに、各国政府は研究開発(R&D)部門に広範な資金を投入して遠隔腫瘍情報システムを導入しており、医療従事者は患者と物理的に対面しなくても、モバイルアプリケーションを通じてがんの長期モニタリングを実施できるようになっています。そのため、特にコロナウイルス感染症(COVID-19)が発生し、そのため強制的なロックダウンが実施される中、医療分野での導入が活発化しています。その他、がんモニタリングシステムの利用可能性に関する消費者の意識の高まりや、免疫療法や放射線療法を実施するためのOISの導入が拡大していることなどが、市場に明るい展望をもたらす要因となっています。

主要な市場区分

世界の腫瘍情報システム市場は、製品・サービス、用途、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

製品・サービス別の市場区分

ソフトウェア

患者情報システム

治療計画システム

サービス

コンサルティングサービス

導入サービス

保守サービス

用途別の市場区分

放射線腫瘍治療

メディカルオンコロジー

サージカルオンコロジー

エンドユーザー別の市場区分

病院・画像診断センター

焼灼医療センター、がん治療センター

政府機関

研究施設

市場の競合状況

世界の腫瘍情報システム市場における主要な企業としては、Accuray Incorporated、Advanced Data Systems、Cerner Corporation (Oracle Corporation)、CureMD Healthcare、Elekta、EndoSoft LLC (Utech Products Inc.)、F. Hoffmann-La Roche Ltd、Koninklijke Philips N.V., McKesson Corporation、OPTUM Inc. (United Healthcare Services Inc.), RaySearch Laboratories, Varian Medical Systems Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]