ソーシャルロボット市場、2027年に133億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のソーシャルロボット市場は、2021年に世界のソーシャルロボット米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は31.3%のCAGRで成長し、2027年には133億米ドル規模に達すると予想されています。

ソーシャルロボットは、個人との自然で対人的な交流を行うために使用される、物理的に具現化された自律型ロボットです。制御システム、マニピュレータ、ドライブトレイン、ボディ、フレームで構成されています。ソーシャルロボットは、ショッピングモールや職場、個人的な場面で、挨拶や物の持ち上げ、移動、接客などの機能を果たすために広く使用されています。ソーシャルロボットはリモコンで操作することができ、社員教育、健康診断、採用、教育支援、旅行案内などにも利用されています。また、安全性、スピード、生産性を向上させ、子供たちに魅力的で面白く、有意義なインタラクティブ環境を提供することができます。そのため、ソーシャルロボットは教育、医療、エンターテイメントなど様々な業界で幅広く利用されています。

市場の動向

世界的な医療業界の著しい成長は、市場に明るい展望をもたらす重要な要因の一つです。ソーシャルロボットは、脳性麻痺などの病気の治療を容易にするために、病院やヘルスケアセンターで広く導入されています。さらに、銀行、金融サービス、保険(BFSI)業界で広く製品が導入されていることも、市場の成長に好影響を与えています。BFSI機関は、個人指導、銀行関連の問い合わせへの回答、顧客エンゲージメントなどの機能にソーシャルロボットを配備しています。さらに、人工知能(AI)や機械学習(ML)ソリューションの統合など、さまざまな技術的進歩が市場成長の推進力となっています。これらの技術は、ロボットのナビゲーション、物体の識別、自立的な対話を支援します。これに伴い、公共サービスにおける製品需要の増加が、市場成長に好影響を与えています。ソーシャルロボットは、交通管理、テレプレゼンス、監視、待ち行列管理、ソーシャルディスタンスの確保などに使用されています。その他、産業界における自動化・デジタル化の要求の高まりや、教育産業における家庭教師や学習者の仲間としての利用が広がっていることなどが、市場の成長を牽引すると予想されています。

主要な市場区分

世界のソーシャルロボット市場は、コンポーネント、テクノロジー、最終用途産業に基づいて細分化されています。

コンポーネント別の市場区分

ハードウェア

ソフトウェア

サービス

テクノロジー別の市場区分

機械学習

コンピュータビジョン

コンテキスト認識

自然言語処理

最終用途産業別の市場区分

ヘルスケア

教育

メディア・エンターテインメント

小売

その他

市場の競合状況

世界のソーシャルロボット市場における主要な企業としては、AlterG Inc.、Bionik Laboratories Corp.、Blue Frog Robotics SAS、 Blue Ocean Robotics ApS、 Embodied Inc.、 Furhat Robotics AB、 Haapie SAS、 Intuition Robotics Ltd、 Knightscope Inc.、 Motorika USA Inc.、 MOVIA Robotics Inc.、 SoftBank Robotics (SoftBank Group)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]