トニックウォーター市場、2027年に11億1,700万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のトニックウォーター市場は、2021年に7億4,890万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.83%のCAGRで成長し、2027年には11億1,700万米ドル規模に達すると予想されています。

トニックウォーターは、インディアン・トニックウォーターとしても知られ、元々はマラリアの予防飲料として飲まれていた炭酸飲料です。キナノキの樹皮に由来し、口当たりをよくするためにキニーネを少量含んでいます。ジンや様々なカクテルと一緒に飲まれたり、蛍光色にするために多くのジェロショットのレシピに含まれたりしています。若年世代の人口が増加し、社交的な傾向が強まるにつれ、アルコール飲料を提供するバーやパブ、醸造所が増加しています。このため、世界中でトニックウォーターの需要が高まっています。

市場の動向

カクテルブームの再来は、世界のトニックウォーター需要に大きな影響を与える要因の一つです。また、消費者はプレミアムスピリッツを好むようになり、独特の個性を持つ革新的な製品に積極的に投資するようになりました。そのため、複数の市場関係者が、フレーバーを加えたユニークな製品の導入に注力しています。さらに、健康志向の消費者の好みに合わせて、糖分を抑えたダイエットトニックウォーターも発売されています。加えて、コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生により、多くの国でロックダウンが実施され、人々がソーシャルディスタンスを取るようになったため、トニックウォーターのオンライン販売も増加しています。さらに、インターネットの普及やスマートフォンの販売拡大により、ハイパーマーケットやスーパーマーケット、コンビニエンスストア大手がEコマース分野での事業を拡大させていることも需要の増加を後押ししています。その他、所得水準の上昇、中産階級の人口増加、急速な都市化などの社会経済的要因も、市場の成長をさらに加速しています。

主要な市場区分

世界のトニックウォーター市場は、フレーバー、包装形態、流通チャネルに基づいて細分化されています。

フレーバー別の市場区分

・プレーントニックウォーター

・フレーバートニックウォーター

包装形態別の市場区分

・ボトル

・缶

流通チャネル別の市場区分

・スーパーマーケット・ハイパーマーケット

・コンビニエンスストア

・オンラインストア

・その他

市場の競合状況

世界のトニックウォーター市場における主要な企業としては、Bradley’s Tonic Co.、East Imperial Beverage Corporation、El Guapo Bitters、Fentimans Ltd、Fevertree Drinks plc、Franklin & Sons Ltd、Keurig Dr Pepper Inc.、Q Tonic LLC、The Coca-Cola Company、The London Essence Company、White Rock Products Corporation、Zeviaなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]