個人ID管理市場、2027年に337億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の個人ID管理市場は、2021年に151億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は13.89%のCAGRで成長し、2027年には337億米ドル規模に達すると予想されています。

個人のID管理(PIM)とは、組織や個人の情報やリソースを確保・管理するプロセスを指します。一般的に組織は、認証やユーザーのプロファイル保護のために、ユーザー名やパスワードなどのデジタルIDや証明書を発行して使用します。これにより、侵入者がユーザーの同意なしに個人情報やデータにアクセスすることを制限することができます。PIMによって、企業や従業員は必要な情報を保存し、保護することができます。現在、PIM市場はまだ初期段階にありますが、データ漏洩やセキュリティ攻撃が繰り返し発生していることや、様々なチャネルで個人のデジタルフットプリントが増加していることから、世界的にPIMは大きな人気を集めています。

市場の動向

クラウドコンピューティング、リアルタイムのデータアクセス、最新の電気メーター、自動化されたメーターインフラなど、さまざまな技術の進歩がPIMソリューションの導入を促進しています。さらに、多くの従業員が会社の施設やファイアウォールの外で働いているため、これらのシステムは多くの組織でセキュリティ目的で使用されています。さらに、サイバー犯罪が頻発し、深刻化していることから、世界各国の政府は、個人情報を保護するためのさまざまな法律や規制を導入しています。このような政府の義務化により、PIMソリューションの利用が促進され、業界の成長に好影響を与えています。さらに、モノのインターネット(IoT)の出現により、デジタルID管理システムは、デバイス、センサー、モニターを識別することができます。これらのデバイス、センサー、モニターは、ユーザーの認証情報(証明書、トークン、生体認証)、識別子(ユーザーID、電子メール、URL)、属性(役割、役職、権限)からなる個人のID情報の管理に役立ちます。これにより、今後数年間でPIMソリューションの用途が拡大すると予測されます。

主要な市場区分

世界の個人ID管理市場は、コンポーネント、導入形態、データタイプ、産業分野、地域に基づいて細分化されています。

コンポーネント別の市場区分

・アプリケーション

・アクセスコントロール

・コンテンツ管理

・サービス

・プロフェッショナルサービス

・マネージドサービス

導入形態別の市場区分

・オンプレミス

・クラウド

データタイプ別の市場区分

・行動データ

・個人識別データ

・派生データ

・自己識別データ

産業分野別の市場区分

・IT・通信

・銀行・金融サービス・保険(BFSI)

・エネルギー・公益事業

・消費財・小売

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の個人ID管理市場における主要な企業としては、IBM Corporation、VMware, Inc.、CA Technologies、Microsoft Corporation、Oracle Corporation、Okta, Inc.、Hitachi Id Systems, Inc.、Dell Software、Netiq.、Sailpoint Technologies, Inc.、Onelogin, Inc.、Centrify corporation、Experian Inc.、Kaspersky Labなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]