タルク市場、2027年に33億7,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のタルク市場は、2021年に25億4,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.70%のCAGRで成長し、2027年には33億7,000万米ドル規模に達すると予想されています。

タルクは水和ケイ酸マグネシウムからなる鉱物で、粉末状で工業原料として使用されます。軟らかい岩石であり、装飾品や実用品の材料として広く用いられています。また、彫刻、鉢、カウンタートップ、流し台、囲炉裏、パイプボウルなどのデザインに使用されています。ポリプロピレン、ビニール、ポリエチレン、ナイロン、ポリエステルなどの高分子の剛性と耐熱性を高めます。容器内の固形分の懸濁性を向上させることで、液状塗料が垂れずに壁面に付着するのを促進します。そのため、パルプ・紙、塗料・コーティング、プラスチック・ゴム、食品・飲料、パーソナルケア、製薬の各業界で幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

現在、工業用および船舶用塗料の需要が増加しており、腐食防止、溶剤削減、良好な接着性など、多くの利点があります。これは、生産時間や全体的なコストの低さから、航空宇宙産業における熱可塑性プラスチックの需要が増加していることと合わせて、市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。さらに、プラスチックの硬度、引張強度、靭性、衝撃吸収性、安定性、電気絶縁性を向上させるためにタルクを利用するケースも増えてきています。これは、ゴムに弾力性を持たせるためにゴム製造におけるタルクの採用が増加していることと相まって、市場の成長を促進しています。また、自動車生産に使用されるいくつかのポリマーマトリックスを修正するために、自動車産業においてタルクの需要が高まっていることは、市場の投資家に有利な成長機会を提供しています。これに加えて、主力企業は、タルクの新しいグレードの開発と顧客の要件に対応するための研究開発(R&D)活動に広く投資しており、市場にプラスの影響を及ぼしています。

主要な市場区分

タルクの世界市場は、鉱床タイプ、形態、最終用途産業に基づいて細分化されています。

鉱床タイプ別の市場区分

炭酸タルク

タルククロライト

その他

形態別の市場区分

粉体タルク

固形・顆粒タルク

最終用途産業別の市場区分

紙・パルプ

プラスチック

セラミックス

塗料・コーティング

化粧品・パーソナルケア

製薬

食品

その他

市場の競合状況

タルクの世界市場における主要な企業としては、AKJ Minchem Private Limited, Anand Talc, Elementis plc, Golcha Group, Guangxi Longsheng Huamei Talc Development Co. Ltd., Imerys S.A., IMI FABI S.p.A., Minerals Technologies Inc., Mughne Group of Companies, Nippon Talc Co. Ltd., Sibelco, Sun Minerals, Xilolite S.A.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]