エチレンカーボネート市場、2027年に4億1,253万米ドル規模到達見込み

市場の概要

エチレンカーボネート市場は、2021年に2億9,230万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.70%のCAGRで成長し、2027年には4億1,253万米ドル規模に達すると予想されています。

エチレンカーボネート(C3H4O3)は、毒性が低く、高沸点でポリマーに対する溶解性が高い極性溶媒です。透明な結晶性固体で、無臭であり、水にわずかに溶ける程度です。油井やガス井に見られる錆や粒子と結合して金属イオンを錯形成し、可溶性の塩を形成します。また、酸性化という特性から、炭酸塩や粘性付与化合物を分解します。リチウム電池の電解液、ストリップ溶剤、繊維加工剤、コンデンサー電解液、潤滑油、土壌硬化剤、有機溶剤、有機合成原料、医薬品などに広く使用されています。

市場の動向

パワーウェイトレシオ、エネルギー効率、高温性能、低自己放電の利点から、電気自動車(EV)でのリチウムイオン電池の利用が増加していることが、市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。また、エチレンカーボネートは可塑剤、ポリマー製造や有機合成の前駆体として使用されています。これは、離型剤や洗浄剤としてのエチレンカーボネートの採用が世界的に増加していることと合わせて、市場の成長を促進しています。さらに、製品ガスから汚染物質を除去するためのガス洗浄工程でのエチレンカーボネートの使用も増加しています。これは、ポリカーボネートジオールの合成における中間体としてエチレンカーボネートの用途が世界的に拡大していることと相まって、市場にプラスの影響を与えています。さらに、個人の視力を向上させるフォトクロミック処理におけるエチレンカーボネートの需要の高まりは、市場の投資家に有利な成長機会を提供しています。さらに、リチウムイオン電池の主要な市場企業は、新しい冷却システムを開発するために研究開発(R&D)活動に幅広く投資しており、これはエチレンカーボネートの全体的な売上を増加させると予測されています。

主要な市場区分

エチレンカーボネートの世界市場は、形状、用途、最終用途産業に基づいて細分化されています。

形状別の市場区分

固体

液体

用途別の市場区分

潤滑剤

表面処理剤

可塑剤

リチウム電池用電解液

その他

最終用途産業別の市場区分

自動車

石油・ガス

製薬

その他

市場の競合状況

エチレンカーボネートの世界市場における主要な企業としては、BASF SE, FUJIFILM Wako Pure Chemical Corporation, Huntsman Corporation, Merck KGaA, Mitsubishi Chemical Holdings Corporation, Otto Chemie Private Limited, Shandong Senjie Cleantech Co. Ltd., Thermo Fisher Scientific, Toagosei Co. Ltd., Tokyo Chemical Industry Co. Ltd, Vizag Chemicals International, Zhengzhou Meiya Chemical Products Co. Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]