油圧モーター市場、2027年に148億8,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の油圧モーター市場は、2021年に111億8,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.72%のCAGRで成長し、2027年には148億8,000万米ドル規模に達すると予想されています。

油圧モーターは、加圧された作動油を動力源とし、静水圧エネルギーを機械的エネルギーに変換する機械的アクチュエーターを指します。クランクシャフトに取り付けられたピストンやベーン、ギアを押すことでトルクと回転を生み出します。油汚染が少なく、回転特性が大きく、制御がしやすく、フレキシブルで精度が高いため、ミキサー、自走式クレーン、ローラー、掘削機、コンベアなどに使用され、低コストで提供されています。現在、油圧モーターは大きく分けて、ギアモーターとベーンモーターに細分化されています。このうち、ギアモーターは高速モーターであり、ベーンモーターは低速モーターで低騒音で動作するモーターとなっています。

市場の動向

効率的なホイールローダーと製造プロセスを最適化するための油圧モーターの需要が増加しているため、石油化学、航空宇宙、化学、海洋、石油・ガスなど、さまざまな業種で油圧モーターが広く導入されていることが、市場の成長を牽引する主な要因の一つとなっています。これに伴い、諸経費を削減するとともに出力を最大化するための革新的な手法をメーカーが広く導入することにより、技術が著しく進歩していることも市場の成長要因として作用しています。また、産業インフラを強化するために、さまざまな国の政府によって実施された優遇政策も、市場の成長を押し上げています。さらに、農業分野における油圧式ホイールモーターの展開とともに、陸上および沖合の石油探査活動における油圧モーターの広範な用途が、市場の成長を推進しています。これとは別に、世界中で建設活動が活発化し、インフラ整備が進んでいることも、市場に明るい展望をもたらしています。

主要な市場区分

世界の油圧モーター市場は、タイプ、回転数、用途に基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

油圧ギアモーター

ギアモーター

エピシクリックギアモーター

ベーンモーター

ピストンモーター

ラジアルピストンモーター

アキシャルピストンモーター

回転数別の市場区分

低速回転(500rpm未満)

高速回転(500rpm以上)

用途別の市場区分

オフロード

建設機械

農業機械

鉱山機械

産業機械

メーカー

海洋

市場の競合状況

世界の油圧モーター市場における主要な企業としては、Bezares SA, Bosch Rexforth AG (Robert Bosch GmbH), Bucher Hydraulics GmbH (Bucher Industries AG), Danfoss A/S, Eaton Corporation PLC, Hydro Leduc, Kawasaki Heavy Industries Ltd., M + S Hydraulic PLC, Maha Hydraulics Private Limited, Mitsubishi Heavy Industries Ltd., Parker-Hannifin Corporation, Permco Inc., Rotary Power, VELJAN Hydrair Private Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]