計測サービス市場、2027年に10億1,919万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の計測サービス市場は、2021年に7億1,808万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.80%のCAGRで成長し、2027年には10億1,919万米ドル規模に達すると予想されています。

計測サービスとは、製造業が機械を標準化するために一般的に使用する測定の研究に関連する科学分野のことを指します。計測サービスは、統計的分散の表れである測定の不確かさの原則に基づいて運営されています。計測サービスでは、座標測定機(CMM)、光学式デジタイザー、レーザースキャナーなどを用いて、試験、校正、開錘を主な手順として実施します。これらの機器は、カスタマイズされた部品の正確な測定、3次元(3D)カラースキャン、コンピュータ支援設計(CAD)の検査、および複数の製品をより高い精度で検査することを支援します。そのため、計測サービスは、製品の材料、表面、粒径を分析するために、さまざまな分野で幅広く利用されています。

市場の動向

さまざまな業種で計測サービスが広く採用されている背景には、低い運用コストで設計精度と製品品質を確保しながら、組立品の幾何学的特性を評価するための効果的な製品測定ソリューションのニーズが高まっていることが挙げられます。さらに、自動車および航空宇宙分野の著しい拡大により、モーター、回転子、その他の高度な装置を含む同一の自動車部品の大量生産に計測サービスが広く利用されるようになり、市場成長を後押ししています。また、生産工程の最適化や不良品の削減を目的とした、モノのインターネット(IIoT)とコンピュータ支援製造(CAM)ソリューションの大規模な統合が、市場の成長に寄与しています。さらに、幾何学的寸法測定、レーザースキャン技術、多感覚・ロボット計測など、複数のクラウド対応計測ソフトウェアパッケージの導入が、市場の成長を支えています。その他、製造分野における生産自動化の需要の高まり、産業インフラ強化のための政府機関による継続的な投資、高性能な計測サービスをエンジニアリングするための主要企業間の戦略的提携などの要因が、市場に明るい展望をもたらしています。

主要な市場区分

世界の計測サービス市場は、製品および用途に基づいて細分化されています。

製品別の市場区分

座標測定機(CMM)

ガントリーマシン

ブリッジマシン

多関節アームマシン

ホリゾンタルアームマシン

光学式デジタイザー・スキャナー (ODS)

3Dレーザースキャナー

白色光スキャナ

レーザートラッカー

用途別の市場区分

自動車

航空宇宙

工業

発電

その他

市場の競合状況

世界の計測サービス市場における主要な企業としては、Carl Zeiss AG、Creaform Inc. (AMETEK Inc.)、FARO Technologies、Hexagon AB、Intertek Group plc、Jenoptik AG、KLA Corporation、Metrologic Group (Sandvik AB)、Nikon Corporation、Renishaw plc、SGS S.A.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]