小売業におけるブロックチェーン市場、2027年に37億3,175万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の小売業におけるブロックチェーン市場は、2021年に2億3,350万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は54.50%のCAGRで成長し、2027年には37億3,175万米ドル規模に達すると予想されています。

小売業におけるブロックチェーンとは、小売業における分散型台帳にデジタル取引を記録するための暗号技術に依拠した画期的なテクノロジーを指します。取引とアプリケーションの相互運用性を自動化し、管理の必要性をなくすため、費用対効果の高いソリューションとなっています。サプライチェーンに遡って商品を追跡し、サプライヤー、メーカー、バッチを特定することで、サプライチェーンの問題を解決するためにビジネスを支援します。分散型アイデンティティ(DID)を実現し、小売業者が必要に応じてユーザーのアイデンティティとデータを確認できるようにします。さらに、小売業者のバックオフィスにおける管理プロセスを合理化し、従業員がより付加価値の高い業務に集中できるようにします。

市場の動向

小売業界では、サプライヤー、企業、顧客間の信頼関係を構築するために透明性の高い取引に対する需要が高まっており、これが市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。さらに、品質、信頼性、真正性、製品の安全性を確保するために、小売業者によるブロックチェーンベースのソリューションへの投資が増加しています。これは、小売分野における技術的進歩や国際取引の増加とともに、市場の成長を促進しています。さらに、ブロックチェーンは、そのデータベースとトランザクションのための強化された暗号化セキュリティを提供し、小売業者の不正防止および持続可能性の向上に役立っています。これは、デジタル決済、オンラインショッピング、リスクとコンプライアンスなど、小売業におけるブロックチェーンの活用が進んでいることと相まって、市場にプラスの影響を及ぼしています。これに加えて、商品の容易なトレーサビリティのためのサプライチェーン取引を監視するための小売業におけるブロックチェーンの採用が増加していることは、市場関係者に有利な成長機会をもたらしています。さらに、企業の時間とコストを節約し、取引の認証に追加料金を課す業者を排除するためのスマート契約に対する需要の高まりは、市場の成長を後押ししています。

主要な市場区分

世界の小売業におけるブロックチェーン市場は、コンポーネント、タイプ、企業規模、用途に基づいて細分化されています。

コンポーネント別の市場区分

プラットフォーム/ソリューション

サービス

タイプ別の市場区分

パブリックブロックチェーン

プライベートブロックチェーン

コンソーシアム型ブロックチェーン

企業規模別の市場区分

大企業

中小企業

用途別の市場区分

サプライチェーンマネジメント

食品安全管理

顧客データ管理

アイデンティティ管理

コンプライアンス

その他

市場の競合状況

世界の小売業におけるブロックチェーンにおける主要な企業としては、Amazon Web Services Inc.、Auxesis Services & Technologies (P) Ltd.、Cognizant、Infosys Limited、International Business Machines Corporation、Oracle Corporation、Reply、SAP SE、Sofocle Technologies Pvt. Ltd.、Tata Consultancy Services Limited (Tata Group) などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]