シリコン肥料市場、2027年に1億2,456万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のシリコン肥料市場は、2021年に9,930万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は3.72%のCAGRで成長し、2027年には1億2,456万米ドル規模に達すると予想されています。

シリコン肥料とは、作物の成長と収量を向上させるために、土壌、土地、植物の表皮組織にシリコンを沈着させる化学物質または天然物質のことを指します。ケイ酸カルシウム、ケイ酸ナトリウム、ケイ酸カリウムは、通常、ケイ酸、ケイ酸コンディショナー、およびその他の製品から構成される、一般的に入手可能なタイプのシリコン肥料の一部です。シリコン肥料は、穀物、大豆、小麦、野菜のサトウキビなどの畑、水耕栽培、花卉栽培、園芸作物で広く使用されています。細胞壁の強化、細菌・菌類病に対する抵抗力の付与、宿根の防止、生物・生物ストレスの軽減などを補助し、あらゆる一年生・野菜作物の成長と収量を向上させる効果があります。現在、シリコン肥料は固体と液体の形態で提供されています。

市場の動向

農業分野の著しい成長、特に新興国における急速な人口拡大による食糧需要の増加は、市場に明るい展望をもたらす要因の一つです。シリコン肥料は、キュウリ、小麦、大麦、サトウキビ、トウモロコシ、トマトなど、さまざまな作物の生産に広く採用されています。これに伴い、葉のそばかす病や輪斑病などの植物病害の提供形態が増加していることから、植物害虫や悪天候に対する抵抗力を高めるために、農家の間でシリコン肥料の導入がさらに進んでおり、市場の成長を促進しています。これとは別に、より持続可能で環境に優しい有機農法における有機シリコン肥料の大規模な採用など、さまざまな製品の技術革新も、市場の成長に拍車をかけています。その他、耕作可能な土地の増加や、食料安全保障に関する政府の様々な取り組みの実施なども、市場の成長に向けた原動力になると予想されています。

主要な市場区分

シリコン肥料の世界市場は、タイプ、形態、用途に基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

合成

天然

形態別の市場区分

液体

固体

用途別の市場区分

畑作物

園芸作物

水耕栽培

花卉

市場の競合状況

シリコン肥料の世界市場における主要な企業としては、Agripower Australia Ltd., Jaipur Bio Fertilizers, Khandelwal Biofertilizer, MaxSil Pty Ltd., Plant Tuff, Redox Pty Ltd., Satpura Bio Fertiliser India Private Limited, Sigma AgriScience LLC, Vedant Agrotechなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]