整形外科軟部組織修復市場、2027年に45億7,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の整形外科軟部組織修復市場は、2021年に32億6,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.60%のCAGRで成長し、2027年には45億7,000万米ドル規模に達すると予想されています。

整形外科軟部組織の修復は、損傷した組織を健康な組織と置き換えるプロセスを指します。神経、靭帯、血管、筋肉、腱、滑膜などの損傷を修復する技術です。整形外科軟部組織の損傷は、スポーツや身体活動中に起こることがよくありますが、日常の簡単な作業や特定の身体部位を継続的に使用することによっても起こる可能性があります。捻挫、歪み、滑液包炎、挫傷、腱炎などは、腫れ、痛み、打撲、機能低下をもたらす一般的な軟部組織の損傷の一部です。整形外科の軟部組織の修復は、開腹手術のプロセスで行うことも、関節鏡のような完全な低侵襲処置で行うことも可能です。これらの処置は、痛みや腫れを軽減しながら可動性、筋力、組織の長さ、可動域を増加させ、それによって治癒プロセスを向上させるものです。

市場の動向

靭帯の弱体化や骨格・神経筋システムの変化により、怪我をしやすくなっている老年人口が世界中で増加していることが、主な市場成長の要因となっています。また、プロスポーツへの参加者の増加により、スポーツに関連した怪我のリスクが大幅に高まっており、これが整形外科軟部組織修復術の需要を促進しています。これとは別に、整形外科の靭帯断裂によって引き起こされる複雑な神経筋痛の管理に有効な多血小板血漿などの新しい治療法の導入が、市場成長の原動力となっています。これに伴い、バイオプリンティング、生体用メッシュ、バイオファブリケーションなどの新技術の導入が、さらに市場に明るい展望をもたらしています。その他、広範な研究開発(R&D)活動、新しいデバイスや治療法の導入、一人当たりの医療費の増加などが、市場の成長を促進すると予想されています。

主要な市場区分

世界の整形外科軟部組織修復市場は、施術、損傷部位、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

施術別の市場区分

十字靭帯修復

ローテーターカフ(腱板)修復術

上腕骨外側上顆炎

アキレス腱伸縮症修復

骨盤臓器脱

大臀筋腱の修復

股関節鏡検査

上腕二頭筋腱膜剥離術

その他

損傷部位別の市場区分

股関節

小関節

エンドユーザー別の市場区分

病院

外来診療所

整形外科クリニック

市場の競合状況

世界の整形外科軟部組織修復市場における主要な企業としては、Arthrex Inc.、Becton Dickinson and Company、Boston Scientific Corporation、CONMED Corporation、Integra LifeSciences、Johnson & Johnson、LifeNet Health、MTF Biologics、Smith & Nephew plc、Stryker Corporation、Tissue Regenix Group plc、Zimmer Biometなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]