超臨界二酸化炭素市場、2027年に1,010億8,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の超臨界二酸化炭素市場は、2021年に375億6,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は17.20%のCAGRで成長し、2027年には1,010億8,000万米ドル規模に達すると予想されています。

超臨界二酸化炭素とは、放熱のためのガスクーラーと蒸発器を制御する高圧膨張弁からなる冷凍システムを指します。環境に優しく、不燃性、無毒性で、気化潜熱が高く伝熱性に優れています。従来の冷凍機に比べて安価な流体を利用できるためコストパフォーマンスが高く、高効率です。さらに、システムの熱量が高いため、排熱を回収し、建物の暖房、換気、空調(HVAC)、家庭用温水などに利用することができます。そのため、超臨界二酸化炭素は、世界中の食品・飲料業界や小売業界において幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

現在、世界中の接客業や住宅分野で空調装置の需要が増加しています。これは、超臨界二酸化炭素システムの低い運用コストとともに、市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。さらに、ハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)およびクロロフルオロカーボン(CFC)ベースの機器の高いメンテナンスコストが、市場の成長を促進しています。また、地球温暖化に対する意識の高まりから、超臨界二酸化炭素システムの利用が増加しています。さらに、HFC-134a冷媒と同等の技術的信頼性を持ち、高いエネルギー性能を持つCO2への需要が高まっていることも、市場にプラスの影響を及ぼしています。さらに、冷蔵施設における超臨界二酸化炭素の需要の高まりは、市場の投資家に有利な成長機会を提供しています。さらに、数カ国の政府はフッ素系ガス(Fガス)の使用を削減するために厳しい規制を実施しており、これが市場の成長に拍車をかけています。

主要な市場区分

世界の超臨界二酸化炭素市場は、機能および用途に基づいて細分化されています。

機能別の市場区分

冷凍

暖房

空調

用途別の市場区分

スーパーマーケット、コンビニエンスストア

アイススケート場

食品加工・貯蔵施設

ヒートポンプ

その他

市場の競合状況

世界の超臨界二酸化炭素市場における主要な企業としては、Baltimore Aircoil Company Inc. (AMSTED Industries Incorporated), Bitzer SE, Carnot Refrigeration (M&M Refrigeration), Carrier Global Corporation, Danfoss, Dorin S.p.A., Emerson Electric Co., Hill Phoenix Inc. (Dover Corporation), Mayekawa Mfg. Co. Ltd., Panasonic Holdings Corporationz, SCM Frigo S.p.A.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]