ポリブタジエン市場、2027年に63億7,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のポリブタジエン市場は、2021年に48億8,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.30%のCAGRで成長し、2027年には63億7,000万米ドル規模に達すると予想されています。

ポリブタジエンは、複数の1,3-ブタジエンモノマーをフリーラジカル重合して、長いポリマー鎖分子を作ることで形成される合成エラストマーです。弾性、耐摩耗性に優れ、ヒステリシスロス、ヒートアップ、摩擦係数、強度特性などが低いという特徴があります。そのため、世界中の高品質なタイヤの製造に使用されています。また、ポリスチレン、ハイインパクトポリスチレン(HIPS)、アクリロニトリルブタジエンスチレン(ABS)など、プラスチックの靭性や耐衝撃性を向上させる添加剤としても活用されています。

市場の動向

世界的な自動車販売台数の増加により、高性能なタイヤのニーズが高まっています。このことは、市場の成長を促す重要な要因の一つとなっています。また、ポリブタジエンは低温に強いため、自動車産業ではベルト、ガスケット、サンドブラスト用ホースのインナーチューブ、エアホースやウォーターホースのカバーの製造にますます採用されるようになってきています。また、建設業界の隆盛は、住宅や商業ビルの壁、屋根、コンクリート床などの断熱パネルシステムとして、ポリスチレン樹脂の需要を牽引しています。また、土木工事や道路・鉄道の整備、ポンツーンやマリーナの製造にも利用され、これも大きな成長要因となっています。さらに、ポリブタジエンは天然ゴムの代替品として、ゴルフボールのコアやさまざまな弾性体の製造、電子部品のコーティングや封止に使用されており、高い電気抵抗率を提供する上で役立っています。また、世界的なM&A(合併・買収)の動きも活発化しており、市場の成長を後押しすることが予想されています。

主要な市場区分

世界のポリブタジエン市場は、製品、タイプ、業種に基づいて細分化されています。

製品別の市場区分

高Cisポリブタジエン

低Cisポリブタジエン

高トランスポリブタジエン

高ビニルポリブタジエン

タイプ別の市場区分

固形ポリブタジエンゴム

液状ポリブタジエンゴム

業種別の市場区分

タイヤ

自動車

化学

工業用ゴム

その他

市場の競合状況

世界のポリブタジエン市場における主要な企業としては、Evonik Industries AG (RAG-Stiftung)、JSR Corporation、Kumho Petrochemical Co. Ltd.、Kuraray Co., Nippon Soda Co. Ltd., Reliance Industries Limited, Saudi Basic Industries Corporation (Aramco Chemicals Company), Synthomer PLC, Synthos (Ftf Galleon S.A.), UBE Corporation, Versalis (Eni S.p.A.)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]