治療薬デリバリー市場、2027年に1兆7,539億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の治療薬デリバリー市場は、2021年に1兆2,428億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.70%のCAGRで成長し、2027年には1兆7,539億米ドル規模に達すると予想されています。

治療薬デリバリーは、治療用物質を体内に投与するための方法です。治療薬の放出速度、時間、場所を制御することにより、効率性、安全性、患者体験を向上させることができます。現在、さまざまな治療薬を放出するために、さまざまなタイプの治療薬デリバリーシステムが利用されています。例えば、ゲル、リポソーム、マイクロスフェア、プロドラッグ、シクロデキストリンなどが、ペプチドやタンパク質の治療薬に用いられる効果的なシステムとして挙げられます。

市場の動向

呼吸器、リーシュマニア症、中枢神経系(CNS)、全身性真菌感染症などの疾患の有病率の高まりは、市場の成長を後押しする重要な要因の一つとなっています。さらに、高齢者やがん患者の死亡率が大幅に増加していることが、治療薬デリバリーシステムの需要を促進しています。これらのシステムは、抗がん剤の有効性を高め、毒性を低減させます。また、個別化医療や低侵襲(MI)医療に対する消費者の志向も、この市場に影響を与えています。これとは別に、生分解性ポリマーで構成されたナノ粒子は、脳への治療薬デリバリーを強化するために人気を博しています。また、多くの国の政府機関が治療薬デリバリーシステムに課している厳しい要件を満たすのに役立っています。これらの要件には、一般に、エアロゾル化中に発生する力に対する安定性、生体適合性、肺の特定部位や細胞集団の標的化、所定の方法による治療薬の放出、許容期間内の分解などが含まれます。これに伴い、研究者は新しい治療薬デリバリーシステムの開発に注力しており、これが市場の成長に寄与しています。さらに、世界中でコロナウイルス感染症(COVID-19)の患者が急増していることから、治療薬の需要も高まっており、これが市場成長の原動力となることが予想されています。

主要な市場区分

世界の治療薬デリバリー市場は、投与経路、用途、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

投与経路別の市場区分

経口治療薬デリバリー

注射治療薬デリバリー

局所治療薬デリバリー

眼科治療薬デリバリー

肺治療薬デリバリー

埋め込み型治療薬デリバリー

経粘膜治療薬デリバリー

経鼻治療薬デリバリー

用途別の市場区分

感染症

循環器疾患

糖尿病

呼吸器系疾患

中枢神経系疾患

自己免疫疾患

その他

エンドユーザー別の市場区分

病院

外来手術センター

在宅医療施設

診断センター

その他

市場の競合状況

世界の治療薬デリバリー市場における主要な企業としては、AbbVie Inc.、Amgen Inc.、AstraZeneca plc、Becton Dickinson and Company、Eli Lilly and Company、GSK plc、Johnson & Johnson、Merck KGaA、Novartis AG、Pfizer Inc.、Sanofi S.A. などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]