コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)市場、2027年に366億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のコンテンツデリバリーネットワーク市場は、2021年に158億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は14.98%のCAGRで成長し、2027年には366億米ドル規模に達すると予想されています。

コンテンツデリバリーネットワーク(CDN)とは、地理的に分散したサーバー群を指し、インターネットコンテンツの高速配信を提供するために連携して動作します。ハイパーテキストマークアップランゲージ(HTML)ページ、JavaScriptファイル、スタイルシート、画像、動画などのインターネットコンテンツの迅速な読み込みを可能にします。ウェブサイトの読み込み時間やセキュリティの向上、帯域幅のコスト削減、コンテンツの可用性と冗長性の向上を支援します。CDNは信頼性が高く、安全で、コストパフォーマンスに優れているため、世界中で絶大な人気を博しています。

市場の動向

企業間で進むデジタル化の流れは、市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。また、リッチなビデオコンテンツやオンラインビデオサービスに対する需要も高まっています。そのため、世界中のゲーム会社は、より良いユーザー体験を保証するために、高品質のコンテンツを配信するCDNに資金を提供するようになってきています。また、インターネットやスマートデバイスの普及に伴い、日常的に発生するデータ量が大幅に増加しており、適切な管理が求められています。このことは、ユーザーを別のサーバーに転送することで大量のインターネットトラフィックを処理し、負荷を効率的に分散させるなど、CDNのさまざまな有益な機能と相まって、市場の成長に寄与しています。さらに、市場の主力企業は、Webパフォーマンスの最適化のためのさまざまな技術に注力しています。これに加えて、ピアツーピア技術(p2p)、5G、ウェアラブル端末、モノのインターネット(IoT)、仮想現実(VR)、拡張現実(AR)の出現や技術革新の進展により、CDNのデータ量も増加しています。これらの技術革新は、今後数年間で市場の成長をさらに促進すると予想されます。

主要な市場区分

世界のコンテンツデリバリーネットワーク市場は、コンポーネント、コンテンツタイプ、プロバイダータイプ、業種に基づいて細分化されています。

コンポーネント別の市場区分

ソリューション

サービス

コンテンツタイプ別の市場区分

動的コンテンツ

静的コンテンツ

プロバイダータイプ別の市場区分

従来型CDN

テレコムCDN

クラウドCDN

ピアツーピアCDN

業種別の市場区分

ヘルスケア

小売・Eコマース

BFSI

IT・通信

政府・公共分野

メディア・エンターテイメント

その他

市場の競合状況

世界のコンテンツデリバリーネットワーク市場における主要な企業としては、Akamai Technologies Inc., Amazon.com Inc., AT&T Inc., CDNetworks Co. Ltd. (Hong Kong Wangsu Science & Technology), Cloudflare Inc., Google LLC (Alphabet Inc.), Imperva Inc., Internap Holding LLC, Limelight Networks Inc., Microsoft Corporation, Tata Communications Limited, Verizon Communications Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]