細胞解析市場、2027年に288億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の細胞解析市場は、2021年に174億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.97%のCAGRで成長し、2027年には288億米ドル規模に達すると予想されています。

細胞解析は、細胞の遺伝的および表現型の特徴を研究するために利用される様々な技術の総称です。その目的は、DNA、RNA、タンパク質、細胞代謝物などの細胞構成要素を理解する必要がある細胞機能のメカニズムに対する洞察を得ることです。細胞解析は通常、集団の不均一性を理解し、関心のある少数亜集団を特定し、また個々の細胞のユニークな特徴を発見するために行われます。さらに、遺伝子やタンパク質の同定、エピゲノム解析、細胞の健全性、増殖、死滅の根底にある因子の解明にも役立ちます。

市場の動向

細胞解析は、幹細胞、免疫学、神経学、非侵襲的出生前診断、体外受精の研究のために、学術研究機関、病院、バイオテクノロジーおよび製薬会社で利用されています。さらに、慢性疾患の増加や癌治療のための高度な治療法の開発が、細胞解析の技術的進歩を促しています。例えば、米国のFluidigm Corporationは、癌の進行と免疫反応のメカニズムの解明に役立つREAP-seq(RNA発現およびタンパク質配列解析)の導入を発表しました。ライフサイエンス分野における広範な研究開発活動に対する各国政府による投資の増加も、市場の成長要因として作用しています。その他にも、バイオ医薬品・バイオテクノロジー企業の急速な拡大や、医療業界の著しい成長などが、市場に明るい展望をもたらすと期待されています。

主要な市場区分

世界の細胞解析市場は、製品、解析タイプ、技術、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

製品別の区分

フローサイトメトリー製品

qPCR製品

セルマイクロアレイ

マイクロスコープ

分光光度計

セルカウンター

HCSシステム

その他

解析タイプ別の市場区分

細胞同定

細胞生存率

細胞シグナル伝達パスウェイ/シグナル伝達

細胞増殖

細胞計数および品質管理

細胞間相互作用

標的の同定と検証

単一細胞解析

その他

技術別の市場区分

分子解析

画像解析

エンドユーザー別の市場区分

製薬会社・バイオテクノロジー企業・CRO

病院・診断所

研究機関

細胞培養コレクションリポジトリ

その他

市場の競合状況

世界の細胞解析市場における主要な企業としては、Agilent Technologies Inc.、BD Biosciences、Bio-RAD Laboratories Inc.、Danaher Corporation、Illumina Inc.、Merck KGaA、Miltenyi Biotec、 Olympus Corporation、PerkinElmer Inc.、 Promega Corporation、 Sysmex Corporation、 Thermo Fisher Scientificなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]