薬局オートメーション市場、2027年に86億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の薬局オートメーション市場は、2021年に54億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.24%のCAGRで成長し、2027年には86億米ドル規模に達すると予想されています。

薬局オートメーションは、医療・ヘルスケアワークフロープロセスをデジタル化するための機械化システムを使用することをいいます。これらのシステムは、ルーチン作業をシステム化し、人の介入を減らすために複数の機能を実行するのに役立ちます。これらの作業には、調剤のための液体と粉体の混合、薬の計数、顧客データベースの更新、在庫管理などが含まれます。また、医薬品の包装や調剤の際のミスを防ぐこともできます。薬局オートメーションはさらに、麻薬やその他の規制薬物を追跡し、使用パターンを監視し、業務の最大限の効率化を実現します。

市場の動向

薬局の分散化とともに、医療プロセスにおけるエラーを低減する必要性が高まっていることは、市場の成長を牽引する重要な要因となっています。薬局オートメーションは、高い柔軟性と自己適応性を備えているため、現代の医療業界において重要な要素となっています。例えば、自動化装置は、別々の保管セルとシュート設備によって医薬品の二次汚染を防ぎ、バーコードによってロット番号と有効期限の追跡を容易にし、便利なスキャンと在庫管理を実現します。さらに、さまざまな技術の進歩により、効率的な患者ケアの提供とともに、治療や手術後の成功率の向上がもたらされ、市場の成長に大きく寄与しています。また、世界中で慢性疾患の有病率や老年人口が増加していることも、病院や薬局における自動医薬品調剤システムの必要性を高めています。その他、質の高い医療施設を誰もが利用できるようにするためのさまざまな政府政策の実施や、医療用保管庫や処方箋の調剤を最大限に活用するためのロボットの活用などが、今後数年間で市場を牽引すると予測されています。

主要な市場区分

薬局オートメーションの世界市場は、製品タイプ、用途、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

製品タイプ別の市場区分

自動調剤システム

自動保管・回収システム

自動パッケージング・ラベリングシステム

卓上型錠剤カウンター

その他

用途別の市場区分

治療薬の調剤と包装

治療薬保管庫

在庫管理

エンドユーザー別の市場区分

病院薬局

小売薬局

その他

市場の競合状況

薬局オートメーションの世界市場における主要な企業としては、Baxter International Inc.、Becton Dickinson and Company、Capsa Healthcare、Cerner Corp.、Kirby Lester LLC、KUKA AG、McKesson Corporation、Omnicell Technologies、RxSafe LLC、Scriptpro LLC、Swisslog Holding AG、Takazono Corp、Talyst LLC、TCGRx Pharmacy Workflow Solutions、Yuyama Co.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]