植物油市場、2027年に3,241億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の植物油市場は、2021年に2,414億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.92%のCAGRで成長し、2027年には3,241億米ドル規模に達すると予想されています。

植物油は、さまざまな植物の種子、ナッツ、果実から抽出されます。植物油は、ビタミンE、A、B1、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸などの必須栄養素を含んでいます。動物性油脂や石油化学製品の代替として、食品および非食品用途によく利用されています。例えば、殺菌剤、化粧品、医薬品の製造に使用されています。さらに、植物油は心血管系疾患のリスクを低減し、代謝や消化を改善し、コレステロール値を下げるなどの健康上の利点があるため、世界中で様々な料理の調理に広く使用されています。

市場の動向

現在、燃料、食用石鹸、香水の製造において、植物油の需要が大幅に増加しています。これは、市場成長を推進する重要な要因の一つです。また、心臓の健康管理など、植物油の摂取がもたらす健康効果に対する個人の意識が高まっていることも、市場の成長を牽引しています。これに加えて、様々な最終用途産業において、鉱物油の代替品として植物油の需要が大幅に増加しています。これは、手頃な価格、低い揮発性、優れた圧力性能、高粘度、および世界中で簡単に入手できることに起因しています。また、生活習慣病の増加により、世界中の消費者の食習慣が変化しています。そのため、市場の主力企業は、最小限の加工を施した有機植物油の新製品を市場に投入しています。これは、植物油のような生物由来の製品の需要を促進するために数カ国の政府機関によって実施された多くの施策と相まって、市場の成長を後押ししています。

主要な市場区分

世界の植物油市場は、油の種類、用途、地域に基づいて細分化されています。

油の種類別の市場区分

パーム油

大豆油

ひまわり油

キャノーラ油

ココナッツオイル

パーム核油

現在、パーム油は、各種食品、工業薬品、バイオ燃料の原料として広く使用されており、市場全体の大半を占めています。

用途別の市場区分

食品

バイオ燃料

その他

現在、食品が最も大きな市場シェアを占めています。

地域別の市場区分

中国

米国

インド

欧州

インドネシア

マレーシア

ブラジル

その他

地域別では、中国が市場をリードしています。

市場の競合状況

世界の植物油市場における主要な企業としては、Archer-Daniels-Midland Company、Bunge Limited、Cargill, Incorporated、Louis Dreyfus Company BV、Wilmar International Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]