製造オペレーション管理ソフトウェア市場、2027年に175億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の製造オペレーション管理ソフトウェア市場は、2021年に95億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は11%のCAGRで成長し、2027年には175億米ドル規模に達すると予想されています。

製造オペレーション管理(MOM)ソフトウェアは、生産プロセスや情報をデジタル化し、統一されたシステムで管理することを支援します。また、実行システムの改善、プランニングとスケジューリングの高度化、品質と研究開発(R&D)プロジェクトの管理も支援します。さらに、シーケンス管理、資産管理、コンプライアンス管理、ヒューマンマシンインターフェース(HMI)、パフォーマンス分析、監視制御とデータ収集(SCADA)のインテリジェンスも支援します。手作業によるアプローチは一貫性がなく、孤立し、非効率的で時間がかかるため、さまざまな業種のメーカーが産業オペレーションをよりよく管理するためにMOMソフトウェアを導入しています。

市場の動向

製造活動の自動化の進展は、業務プロセスのデジタル変革を可能にするMOMソフトウェアの需要を拡大する主な要因となっています。このソフトウェアは、効率性、柔軟性を高め、市場投入までの時間を短縮しながら、生産パフォーマンスを最適化するのに役立ちます。また、世界中の航空宇宙・防衛産業において、アプリケーションプログラミングインターフェース(API)、人工知能(AI)、ロボットプロセス、リアルタイムデータ収集とともに使用されています。このほか、慢性疾患の蔓延や医療サービスの需要増加により、世界の医薬品業界は常にアップグレードと変化を続けています。このため、医療用品の製造プロセスを容易にするMOMソフトウェアのニーズが高まっています。さらに、食品の安全性、衛生、持続可能性、トレーサビリティを重視する傾向が強まっていることも、食品・飲料(F&B)業界におけるMOMソフトウェアの採用を促進しています。加えて、世界中の数多くのメーカーが、市場での競争の激化を理由に、より効果的な運用と俊敏性の向上に努めています。そのため、大手企業は、オペレーター、スーパーバイザー、工場管理者が生産性、品質、コンプライアンスに関する意思決定を行うための可視性と洞察を提供する、カスタマイズされた安全かつ最新のソフトウェアプラットフォームを提供しています。

主要な市場区分

世界の製造オペレーション管理ソフトウェア市場は、機能、企業規模、産業分野に基づいて細分化されています。

機能別の市場区分

・在庫管理

・労務管理

・製造実行システム(MES)

・プロセスおよび生産インテリジェンス

・品質プロセス管理

・その他

企業規模別の市場区分

・中小企業

・大企業

産業分野別の市場区分

・自動車

・ケミカル

・ヘルスケア

・食品・飲料

・消費財

・航空宇宙・防衛

・その他

市場の競合状況

世界の製造オペレーション管理ソフトウェア市場における主要な企業としては、ABB Ltd.、Aegis Industrial Software Corporation、Aspen Technology Inc.、Critical Manufacturing (ASM Pacific Technology Limited)、Dassault Systemes SE、Emerson Electric Co.、General Electric Company、Honeywell International Inc.、International Business Machines Corporation、Oracle Corporation、Plex Systems Inc.、Siemens AGなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]