スマートデマンドレスポンス市場、2027年に515億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のスマートデマンドレスポンス市場は、2021年に255億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は12.4%のCAGRで成長し、2027年には515億米ドル規模に達すると予想されています。

スマートデマンドレスポンスとは、時間帯別料金やその他の金銭的インセンティブに応じて、ピーク時のエネルギー消費を自主的に削減し、送電網の負荷をシフトさせることを指します。これは、消費者と電力会社管理当局の間で事前に取り決められた契約であり、ダウンタイムや停電、混雑なしにスマートグリッドの電力消費と負荷の自動管理を可能にするものです。スマートデマンドレスポンスは、通常、迅速性、経済的、柔軟性、補助的なデマンドレスポンスという特徴を有しているため、消費者が利用しやすくなっています。これにより、消費者はピーク時に自分自身や電力会社が流すことのできる不要な負荷を選択することができます。また、設置コスト、運用コスト、グリッド障害の可能性を低減することができます。

市場の動向

世界のスマートデマンドレスポンス市場は、エネルギー需要の増加と、特に発展途上国におけるスマートグリッド技術の利用増加により牽引されています。スマートグリッドは、ピーク負荷の問題を遮断し、自動切り替えを活用して電力消費を迂回・最適化するためのスマートデマンドレスポンスシステムと広く統合されつつあります。また、送電事業者がネットワークの制約を管理し、配電変電所の電圧輻輳を緩和するためにも広く採用されています。これに伴い、さまざまな価格ベースの需要反応モデルが利用できることも、市場の成長を促進しています。これには、クリティカルピーク・プライシング(CPP)、リアルタイム・プライシング(RTP)、タイムオブユース(TOU)プライシングが含まれます。さらに、住宅の暖房、換気、空調(HVAC)システムおよび照明ネットワークとモノのインターネット(IoT)およびクラウド技術の統合が、その他の市場成長要因として作用しています。これらの技術は、消費者と生産者に電力消費に関するリアルタイムの洞察と警告を提供します。その他にも、大規模なインフラ開発、政府による有利な政策の実施などが、市場成長をさらに加速すると予想されています。

主要な市場区分

世界のスマートデマンドレスポンス市場は、用途および地域に基づいて細分化されています。

用途別の市場区分

・住宅用

・商業用

・工業用

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋地域

・ラテンアメリカ

・中東・アフリカ

市場の競合状況

世界のスマートデマンドレスポンス市場における主要な企業としては、ABB Ltd., Eaton Corporation plc, Enel S.p.A., General Electric Company, Hitachi Ltd., Honeywell International Inc., Itron Inc., Johnson Controls International plc, Oracle Corporation, Schneider Electric SE, Siemens AGなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]