コネクテッドドラッグデリバリー市場、2027年に29億5,150万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のコネクテッドドラッグデリバリーデバイス市場は、2021年に4億9,090万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は35.6%のCAGRで成長し、2027年には29億5,150万米ドル規模に達すると予想されています。

コネクテッドドラッグデリバリーデバイスは、家庭環境における患者の監視やカウンセリングをサポートするために使用されるスマートな無線電子システムです。服用リマインダー、アドヒアランス・トラッカー、センサー、モニタリング・ツールなどが搭載され、患者に合わせたケアのための即時フィードバックや教育ツールが提供されます。これらは便利で、診療所での治療にかかる費用を節約することができます。そのため、コネクテッドドラッグデリバリーデバイスは、喘息、糖尿病、C型肝炎、高血圧、結核、多発性硬化症、臨床分離症候群、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肝臓・腎臓移植患者の遠隔モニタリングに広く使用されています。

市場の動向

医療管理コストの急増や、患者の治療成果向上へのニーズの高まりは、コネクテッドドラッグデリバリーデバイスの需要を拡大する主な要因となっています。また、在宅医療への志向の変化も市場の成長を促しています。さらに、慢性疾患を持つ患者数が増加していることや、予防医療が重視されていることも、市場にプラスの影響を及ぼしています。加えて、電子健康記録(EHR)を維持するために、研究所や病院でコネクテッドデバイスが広く採用されていることも、市場の成長を促進しています。さらに、複数のメーカーが、アプリやプログラムに接続し、データ転送および自動追跡を可能にし、患者の安全性を最大化することができるデバイスを提供しています。また、リアルタイムの患者データへのアクセスを提供するため、コネクテッドドラッグデリバリーデバイスは、バイオファーマ企業が規制当局、支払者、患者に対するアドヒアランス向上の成果を判断するために利用されることが多くなっています。

主要な市場区分

コネクテッドドラッグデリバリーデバイスの世界市場は、製品、エンドユーザー、技術に基づいて細分化されています。

製品別の市場区分

・コネクテッドセンサー

・コネクテッドインヘラーセンサー

・接続可能な注射用センサー

・統合型コネクテッドデバイス

・コネクテッドインハレーションデバイス

・コネクテッドインジェクションデバイス

エンドユーザー別の市場区分

・病院・医療機関

・在宅医療

技術別の市場区分

・ブルートゥース

・NFC

・その他

市場の競合状況

コネクテッドドラッグデリバリーデバイスの世界市場における主要な企業としては、Adherium Ltd.、BioCorp Production、Cohero Health Inc. (AptarGroup Inc.)、Elcam Medical ACS. Ltd.、Findair Sp. z o. o.、Merck KGaA、Phillips Medisize (Molex LLC)、Propeller Health (Resmed Inc.)、Teva Pharmaceutical Industries Ltd.、West Pharmaceutical Services Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]