生姜市場、2027年に43億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の生姜市場は、2021年に27億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.1%のCAGRで成長し、2027年には43億米ドル規模に達すると予想されています。

生姜は、ジンチョウゲ科に属する熱帯植物の地下の根茎です。辛くて甘いスパイシーな香りと、しっかりとした筋のある食感が特徴で、さまざまな果物や野菜の料理に独特の風味を加えます。その含油樹脂には様々な生理活性成分が含まれており、これを利用して様々な薬理学的、生理学的効果を得ることができます。生の生姜だけでなく、乾燥、保存、油漬け、砂糖漬けなどの加工品としても利用されています。

市場の動向

生姜は様々な産業で幅広く利用されており、市場の成長を支える重要な要因の一つとなっています。例えば、生姜はコショウのような風味と強い香りを持つため、食品・飲料業界では、クッキーやケーキ、カレーミックスなどの風味付けのためのスパイスとして、非常に人気の高い食用調味料です。また、シロップ漬けにしてグラニュー糖でコーティングしたキャンディーにも利用されています。また、生姜には抗炎症作用があるため、変形性関節症の痛みや腫れを和らげる効果があるほか、乗り物酔いや妊娠、がんの化学療法による下痢、吐き気、嘔吐、胃の不調などの消化促進にも用いられます。これは、医薬品業界における生姜の売上にプラスの影響を与えています。さらに、生姜は、悪玉コレステロール値を下げ、脂質代謝を改善し、血液をサラサラにすることから、心血管疾患や糖尿病のリスクを低減するための薬としても注目されています。また、化粧品やパーソナルケア業界では、エッセンシャルオイルの製造に使用され、その用途はさらに拡大しています。

主要な市場区分

世界の生姜市場は、製品タイプ、アプリケーション、流通チャネルに基づいて区分されています。

製品タイプ別の市場区分

・生生姜

・乾燥生姜

・保存食用生姜

・ジンジャーオイル

・その他

アプリケーション別の市場区分

・食品業界

・製薬業界

・化粧品業界

・その他

流通チャネル別の市場区分

・従来型小売店

・現代的小売店

・その他

市場の競合状況

世界の生姜市場における主要な企業としては、Archer-Daniel-Midland Company、Buderim Group Limited、Floracopeia Inc.、Guangxi Yongjiang Food Industry Co, Ltd.、Indian Organic Farmers Producer Company Limited(IOFPCL)、Monterey Bay Spice Co.Ltd.、Sun Impex International Foods LLC、The Ginger People Co.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]