法医学技術市場、2027年に343億米ドル規模到達見込み

市場の概要

法医学技術の世界市場は、2021年に172億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は12.8%のCAGRで成長し、2027年には343億米ドル規模に達すると予想されています。

法医学技術とは、犯罪現場から集めた証拠を調査、検索、取得、分析する科学的なシステムを指します。この技術により、ユーザーは、調査、訴訟問題、規制、金融犯罪の要求に対応するための情報を収集することができます。法医学的調査を行うためには、データの調査やチャート作成ツール、記録管理システム(RMS)、閉回路テレビ(CCTV)、ナンバープレート認識(LPR)システム、DNA確認装置など、数多くのシステムや機器が使用されます。近年では、青やオレンジの光のフィルターを使って皮膚の損傷の程度を判断する代替光写真や、顔の復元、薬物検査などの高度な技術も、科学捜査の一環として広く利用されています。

市場の成長要因

憂慮すべき犯罪率の増加は、市場成長の主な要因の一つです。さらに、犯罪の複雑化と巧妙化により、銀行、医療、通信などの様々な業界で事件を調査・解決するための高度な法医学技術の需要が高まっています。また、サイバー犯罪の増加は、調達詐欺、ホワイトカラー犯罪、IP侵害などの事件に対応するために利用されるデジタル法医学技術の需要増加を後押ししています。サイバー犯罪の専門家は、データの保存、文書管理、データの復元、分析にテクノロジーを駆使したアプローチを用います。さらに、DNA検査技術の急速な発展も、市場に明るい展望をもたらしています。精度の高さ、捜査官のコンプライアンス、再現性の高さなどの利点から、DNAシーケンシング、磁気指紋、顔の復元、統合弾道システムなどの技術が広く採用されています。さらに、法医学の研究開発(R&D)を支援するための政府の優遇政策や資金援助の実施も、市場の成長にプラスの影響を与えると期待されています。

主要な市場区分

法医学技術の世界市場は、製品、サービス、技術、用途、地域に基づいて細分化されています。

製品別の市場区分

・デジタル・コンピュータ法医学

・弾道法医学

・DNA鑑定

・バイオメトリクス

・その他

サービス別の市場区分

ラボラトリー法医学

・DNA鑑定

・薬物検査

・バイオメトリクス

・その他

法医学コンサルティング

技術別の市場区分

・ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)

・キャピラリー電気泳動

・次世代シーケンサー

・高速DNA解析

・液体自動処理技術

・マイクロアレイ

・その他

用途別の市場区分

・薬理遺伝学

・バイオディフェンス・バイオサーベイランス

・司法・法執行機関

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

法医学技術の世界市場における主要な企業としては、Agilent Technologies, GE Healthcare, LGC, Promega, IDEMIA, Canon, Thermo Fisher Scientific, Bio-Rad Laboratories, Shimadzu Corp, NetBio, SCIEX, Forensic Fluids Laboratories, NMS Labs, Eurofins Medigenomix GmbH, Forensic Pathways, Pyramidal Technologies Ltdなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]