定量ポンプ市場、2027年に81億米ドル規模到達見込み

市場の概要

定量ポンプの世界市場は、2021年に64億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.06%のCAGRで成長し、2027年には81億米ドル規模に達すると予想されています。

定量ポンプ(薬液注入ポンプ)とは、液体を他の流体や 容器に高精度の流量と吐出圧力で移動させるために設計された産業用機器のことを指します。定量ポンプの最も一般的なタイプには、モーターの回転数に基づいて流量を調整できる固定容量型定量ポンプと、モーターの回転数に関係なく一定量の液体を移動させるために流量を変更できる可変容量型定量ポンプがあります。これらのポンプは、化学、石油・ガス、製薬、廃水処理、食品・飲料、紙・パルプ、農業、鉱業など、さまざまな産業分野で幅広い用途が見いだされています。

市場の動向

急速な工業化は、精製や製薬産業からの廃水処理に対する要求の高まりとともに、市場の成長を牽引する重要な要因の一つとなっています。これに伴い、世界中で飲料水の需要が増加していることも、定量ポンプの需要に好影響を与えています。さらに、酸、アルカリ、溶剤、アルコール、高刺激性液体を注入する化学処理産業で広く製品が導入されていることも、市場の成長を後押ししています。マイクロプロセッサーやディスプレイ技術における製品の革新やさまざまな進歩、スマートフォン対応システムとデジタルポンプソリューションの統合が、市場に明るい展望をもたらしています。その他、政府による優遇政策の実施や、世界的な石油・ガス探査活動の活発化などが、市場をさらに牽引すると予想されています。

主要な市場区分

定量ポンプの世界市場は、タイプおよび用途に基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

ダイヤフラムポンプ

ピストンポンプ

その他

用途別の市場区分

水処理・廃水処理

石油・ガス

化学プロセス

製薬

食品・飲料

紙・パルプ

その他

市場の競合状況

定量ポンプの世界市場における主要な企業としては、Grundfos, IDEX Corporation, LEWA (Nikkiso Co. Ltd.), Mcfarland-Tritan LLC, Milton Roy Company (Ingersoll Rand), ProMinent GmbH, Seepex GmbH, Seko S.P.A, SPX Flow Technology Norderstedt GmbH, Swelore Engineering Private Limited, Verder Group, Watson-Marlow Fluid Technology Group (Spirax-Sarco Engineering)などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]