糖尿病治療機器市場、2027年に440億1,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の糖尿病治療機器市場は、2021年に271億1,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.20%のCAGRで成長し、2027年には440億1,000万米ドル規模に達すると予想されています。

糖尿病治療機器とは、血糖値の監視や判定に使用される機器を指します。スマートインスリンペン、グルコメーター、ケトン、連続グルコースモニター(CGM)、インスリンポンプ、糖尿病管理アプリケーションは、一般的な糖尿病治療機器の一部です。これらは、ランセット、グルコースセンサー、モニター、ドッキングステーション、テストプラグ、テストストリップで構成されており、糖尿病の状態を常に監視するのに役立ちます。糖尿病治療機器は、血液中のグルコース吸収量に影響を与える慢性疾患である糖尿病の診断と監視に広く使用されています。そのため、これらのデバイスは、血糖値を正確に把握し、糖尿病治療の効果を判定し、高血糖や低血糖の発生を抑制するのに役立っています。

市場の動向

特に世界中で着実に増加している老齢人口の間で糖尿病の有病率が高まっていることが、市場に明るい展望をもたらしています。糖尿病治療機器は、呼吸器系疾患、腎不全、肝不全、心血管疾患など、糖尿病に伴う症状や合併症を治療・管理するために広く採用されています。これに伴い、糖尿病のより良いケアと管理のために、グルコースモニタリングとインスリン投与デバイスが広く利用されていることが、市場の成長に好影響を与えています。これとは別に、患者の症状やバイオマーカーの遠隔監視を可能にする人工知能(AI)、機械学習(ML)、モノのインターネット(IoT)を統合したスマート糖尿病デバイスの導入が、市場の成長に拍車をかけています。さらに、患者の動的な血糖プロファイルに関する情報を含む血糖自己測定(SMBG)に対する需要の高まりは、市場成長に好影響を与えています。さらに、食事や活動、投薬の適切なスケジューリングを支援するため、この機器は糖尿病治療における価値あるツールとなっています。その他、広範な研究開発活動、食習慣の変化、座りがちなライフスタイル、より良い健康サービスの提供に焦点を当てた政府のさまざまな取り組みの実施などが、市場を牽引すると予想されています。

主要な市場区分

世界の糖尿病治療機器市場は、タイプ、流通チャネル、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

市場の競合状況

世界の糖尿病治療機器市場における主要な企業としては、Abbott Laboratories、ACON Laboratories Inc.、Ascensia Diabetes Care Holdings AG、Becton Dickinson and Company、Bionime Corporation、Dexcom Inc.、F. Hoffmann-La Roche AG、Johnson & Johnson、Medtronic plc、Novo Nordisk A/S、Sinocare Inc.、Terumo Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]