メインフレーム市場、2027年に34億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のメインフレーム市場は、2021年に21億8,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は7.50%のCAGRで成長し、2027年には34億米ドル規模に達すると予想されています。

メインフレームは、企業のデータ処理センターにある中央のデータ保管庫で、ワークステーションや端末を通じてユーザーとリンクしています。複雑な取引や運用のルールやポリシーを保護し、複数のオペレーティングシステムを実行し、大容量の入出力(I/O)を処理することができます。また、柔軟性、データセキュリティ、アクセスに関するオプションを提供し、競争上の課題やデバイスの多様性に対応した新しい市場やサービスをサポートします。そのため、さまざまな業種の企業が、商用データベース、トランザクションサーバー、高いセキュリティと可用性を必要とするアプリケーションをホスティングするためにメインフレームを利用しています。

市場の動向

中央演算処理装置(CPU)の性能や外部ストレージメディアなどのハードウェアリソースの性能とコストの向上に伴い、最新のメインフレームは、世界中の企業間で絶大な支持を得ています。また、変化する市場をサポートするためにビジネスのIT戦略を継続的に見直すことが重視されるようになり、小型サーバーを多数配置したネットワーク型のメインフレームを導入する動きが活発になってきています。さらに、デジタルトランスフォーメーションやアプリケーション、プロセス戦略、ITインフラの革新のために既存の基幹システムを最新化する投資が増加しており、顧客基盤の拡大に向けて主力企業に有利な成長機会を提供しています。これとは別に、プロセッサ、メモリ、デバイス接続などのハードウェアおよびソフトウェアリソースを動的に再構成できる柔軟で多目的なバージョンの上市が、市場の成長に寄与しています。このほか、アプリケーション資産を拡大し、新しいコストモデル、オンプレミス、クラウドソリューションをサポートするために、メインフレームを先進技術と統合することが、旅行・運輸や銀行・金融サービス・保険(BFSI)などの複数の業界においてメインフレームの需要を拡大すると予想されています。

主要な市場区分

世界のメインフレーム市場は、タイプと業種に基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

Zシステム

GSシリーズ

その他

業種別の市場区分

BFSI

IT・通信

政府・公共分野

小売

旅行・運輸

製造業

その他

市場の競合状況

世界のメインフレーム市場における主要な企業としては、Atos SE、BMC Software Inc.、Broadcom Inc.、Dell Technologies Inc.、DXC Technology Company、Fujitsu Limited、HCL Technologies Limited(HCL Enterprise)、Hewlett Packard Enterprise Company、Infosys Limited、International Business Machines Corporation、NEC Corporation(AT&T Inc.)、Wipro Limitedなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]