医療用フォーム市場、2027年に403億1,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の医療用フォーム市場は、2021年に269億8,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.70%のCAGRで成長し、2027年には403億1,000万米ドル規模に達すると予想されています。

医療用フォームとは、医療業界において、手術用ドレープ、創傷被覆材、寝具など、多くの医療機器、部品、支持材料に使用される抗菌製品を指します。セルポリウレタン、ポリマー、金属などを用いて製造されます。医療用フォームは、補綴物用パッド、カスタム装具、密封用オストミー器具、体圧緩和器具などにも広く使用されています。耐水性、耐緊張性、耐カビ性、柔軟性、耐久性、無菌性、汎用性などのさまざまな特性を備えているため、保護包装の目的に適しています。医療用フォームは、患者の体型に適応した圧縮緩和機能を持ち、快適性、リラクゼーション、圧痛点の緩和を支援します。現在、硬質、軟質、成型の各タイプの製品が販売されています。

市場の動向

世界的に老年人口が増加しており、さまざまな慢性疾患を発症しやすくなっていることが、市場の成長を牽引する重要な要因の一つとなっています。医療用フォームは、快適性を高めるために寝具やクッション製品に広く使用されており、大手術後の患者の回復に重要な役割を担っています。また、優れた圧縮耐性、衝撃吸収性、汎用性などのさまざまな特性により、医療システムのクッション材や創傷被覆材など、数多くの用途で医療用フォームの使用が増加していることも、市場の成長に好影響を与えています。これとは別に、コロナウイルス感染症(COVID-19)や豚インフルエンザなどの疫病発生事例の増加や、個人衛生に関する人々の健康懸念の高まりが、市場の成長に拍車をかけています。さらに、無菌状態を確保しつつ、一貫して制御された酸素とガスの摂取を実現する医療用呼吸・麻酔システムおよび機器における熱・水分交換(HME)フォームの需要の増加が、市場成長に好影響を与えています。その他、医療産業の大幅な拡大、埋め込み型医療機器の需要増加、従来の創傷治療製品から高度な創傷治療製品への移行などが、市場の成長に向けた原動力になると予想されています。

主要な市場区分

世界の医療用フォーム市場は、タイプ、素材、用途に基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

硬質

フレキシブル

成型品

素材別の市場区分

高分子材料

金属

その他

用途別の市場区分

寝具・クッション

メディカルパッケージ

医療機器・部品

補綴物・創傷被覆材

その他

市場の競合状況

世界の医療用フォーム市場における主要な企業としては、Advanced Medical Solutions Group Plc, BASF SE, Draka Interfoam B.V., Foamtec Medical, Freudenberg Performance Materials, FXI, General Plastics Manufacturing Company Inc., Global Medical Foam Inc., Inoac Corporation, Recticel NV, Rogers Corporation, SEKISUI CHEMICAL CO. Ltd.、Ufp Technologies Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]