コンクリート混和剤市場、2027年に279億4,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のコンクリート混和剤市場は、2021年に143億5,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は11.20%のCAGRで成長し、2027年には279億4,000万米ドル規模に達すると予想されています。

混和剤とは、水、セメント、骨材に加えて、コンクリートの特性を変えるために添加される天然物質または化学物質を指します。遅延剤、フライアッシュ、シリカフューム、可塑剤、促進剤、入気混合物、合成ケイ酸カルシウム水和物(CSH)、超可塑剤などが、一般的に使用されているコンクリート混和剤の一部です。コンクリート混和剤は、作業性、仕上げ性、耐久性、減水、促進力、腐食抑制、圧縮強度など、さまざまな特性を持っています。コンクリート混和剤は、運搬や混合の段階でコンクリートの品質を向上させ、硬化したコンクリートの特定の要求特性を確実に満たし、有害な化学反応を排除して、建築物全体のコストを削減することを支援します。そのため、コンクリート混和剤は、工業施設、住宅、地上交通インフラプロジェクト、社会・商業複合施設の建設に広く使用されています。

市場の動向

特に発展途上地域における急速な人口増加による住宅建設の着実な増加は、市場に明るい展望をもたらす重要な要因の一つとなっています。コンクリート混和剤は、硬化したコンクリートの特性を変更し、混合、輸送、打設、硬化の各段階でコンクリートの品質を確保するために広く使用されています。これとは別に、二酸化炭素排出量の削減に役立つ、耐久性があり環境に優しいコンクリート混和剤の導入など、さまざまな製品の革新が市場の成長に拍車をかけています。また、コンクリートからの水分量を最小限に抑え、高い耐久性と強度を提供する可塑剤の住宅、産業、商業構造物における需要の増加も、市場の成長に好影響を与えています。その他、消費者の支出能力の上昇、スマートシティの設立の増加、インフラ開発を促進するさまざまな政府のイニシアチブの実施などの要因が、市場の成長へ向けた原動力になると予想されています。

主要な市場区分

コンクリート混和剤の世界市場は、製品およびエンドユーザーに基づいて細分化されています。

製品別の市場区分

減水混和剤

可塑剤

超可塑剤

防水混和剤

促進混和剤

気密性向上剤

遅滞性混和剤

その他

エンドユーザー別の市場区分

住宅

商業施設

インフラ

市場の競合状況

コンクリート混和剤の世界市場における主要な企業としては、BASF SE, CAC Admixtures, CEMEX S.A.B. de C.V., CICO Group, Fosroc Inc. (JMH Group), Fritz-Pak Corporation, GCP Applied Technologies Inc. (Compagnie de Saint-Gobain S.A.), Mapei S.p.A., Pidilite Industries Limited, Rhein-Chemotechnik GmbH, RPM International Inc., Sika AGなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]