チャットボット市場、2027年に139億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のチャットボット市場は、2021年に37億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は25%のCAGRで成長し、2027年には139億米ドル規模に達すると予想されています。

チャットボットとは、人工知能(AI)をベースにしたコンピュータプログラムで、人間の会話をシミュレートし、ユーザーがデジタル機器と効果的に対話できるようにするために使用されます。チャットボットは通常、クラウドバックアップ、アナリティクス、データベース統合を備えた開発者用フレームワークで開発されます。チャットボットは、主にメッセージングアプリケーション、Webサイト、モバイルアプリケーション、その他のデジタルデバイスに組み込まれ、テキストや音声合成機能を使ってデジタルアシスタントとして対話します。チャットボットは、業務の効率化、顧客エンゲージメント、ブランディングと広告、データのプライバシーとコンプライアンス、支払い処理、リードの自動生成と確認など、さまざまなメリットをもたらします。

市場の動向

業界全体での急速なデジタル化と、組織全体での高品質なカスタマーケアサービスへの要求の高まりは、市場の成長を促進する主な要因となっています。チャットボットは、効果的なカスタマーケアプログラムの運営に不可欠な要素であり、銀行、金融サービス、保険(BFSI)、情報技術(IT)、通信、電子商取引、ヘルスケアなど、さまざまな業界で、顧客からの問い合わせを最小限の時間で解決するために使用されています。例えば、銀行・金融サービス・保険業界では、ユーザーの送金、残高確認、口座開設などをチャットボットでサポートしています。さらに、ミレニアル世代を中心とした消費者の間で、OTT(Over-the-Top)メッセージングアプリケーションやソーシャルネットワーキングアプリケーションが広く普及していることも、市場の成長に拍車をかけています。さらに、予測分析、機械学習(ML)、ブロックチェーン、クラウドコンピューティング技術を統合して自己学習型のチャットボットを開発するなど、さまざまな技術的進歩も市場の成長を促す要因となっています。これらの革新的なチャットボットは、変化するデジタル環境に適応することができ、ユーザーの行動、経験、決定から学習することで、人間のような会話体験を提供することができます。また、ITインフラの大幅な改善や、自然言語処理(NLP)分野での広範な研究開発活動なども、市場の成長を後押しすると予想されています。

主要な市場区分

世界のチャットボット市場は、タイプ、製品、アプリケーション、組織規模、最終用途産業に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・スタンドアロン型

・ウェブベース

・メッセンジャーベース/サードパーティ

製品別の市場区分

・人工知能

・マーケティング

・ヒューマンインテリジェンス

アプリケーション別の市場区分

・サービス用ボット

・ソーシャルメディア向けボット

・決済・受注ボット

・マーケティング用ボット

・その他

組織規模別の市場区分

・小規模企業

・中規模企業

・大規模企業

最終用途産業別の市場区分

・ヘルスケア

・小売

・銀行、金融サービス、保険

・メディア・エンターテインメント

・旅行・観光

・Eコマース

・その他

市場の競合状況

世界のチャットボット市場における主要な企業としては、[24]7.ai Inc.、Acuvate Software Pvt Ltd、Aivo、Artificial Solutions、Creative Virtual Ltd、eGain Corporation、International Business Machines Corporation、Inbenta Technologies Inc.、Kore.ai Inc.、LiveChat Inc.、Nuance Communications Inc.、Verint Systems Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]