リスク分析市場、2027年に597億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のリスク分析市場は、2021年に262億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は15.41%のCAGRで成長し、2027年には597億米ドル規模に達すると予想されています。

リスク分析は、主要なビジネスイニシアチブまたはプロジェクトを損なう可能性のある潜在的な問題を特定し、管理するためのツールや概念に依存しています。また、より良い意思決定、脅威の緩和、機会の活用に役立ちます。今日、世界中の企業が、サイロに閉じ込められたデータや様々な外部ソースを活用することに注力しています。その結果、企業経営のさまざまな分野に関連する課題を明確に可視化するために、高度なハイリスク分析システムを採用するようになってきています。これらの分野には、業務、法令遵守、サプライチェーン、金融サービス、電子商取引、信用などが含まれます。

市場の動向

ビジネスプロセスがグローバルに拡大し、タスク、リソース、提供品、ステークホルダーの数が増加する中、規制や経済環境、リスク管理はより困難になってきています。このことは、世界中の企業がリスクを測定、定量化、予測するためのリスク分析技術の導入を推進する大きな要因の一つとなっています。また、より多くの組織がオンラインでビジネスを行うようになったことで、サイバー攻撃やインターネット詐欺の事例が大幅に増加し、これが市場の成長に寄与しています。さらに、モバイルバンキングサービスの利用拡大やデータ量の増大が、銀行・金融サービス・保険(BFSI)分野におけるリスク分析の需要をさらに喚起しています。リスク分析は、データを単一の統一ビューに統合し、貴重な情報を収集し、実行可能な洞察を可能にするために使用できます。加えて、世界中の物流会社は、コロナウイルス(COVID-19)の世界的な感染拡大によるビジネスの混乱やサプライチェーンの課題に効果的に対応するために、リスク分析に依存しています。さらに、リスク分析は、製品や材料の規制調査、データ管理、意思決定支援、コンプライアンスへの取り組みもサポートしています。

主要な市場区分

世界のリスク分析市場は、コンポーネント、導入形態、企業規模、用途、業種に基づいて細分化されています。

コンポーネント別の市場区分

・ソリューション

・サービス

導入形態別の市場区分

・オンプレミス

・クラウド型

企業規模別の市場区分

・大企業

・中小企業

用途別の市場区分

・戦略的リスク

・財務リスク

・運用リスク

・コンプライアンスリスク

業種別の市場区分

・BFSI

・IT・通信

・小売

・ヘルスケア

・エネルギー・公益事業

・製造業

・政府・防衛

・その他

市場の競合状況

世界のリスク分析市場における主要な企業としては、アクセンチュア、BRIDGEi2i Analytics、Capgemini SE、FIS、International Business Machines Corporation、Moody’s Analytics Inc. (Moody’s Corporation)、Oracle Corporation、Risk Edge Solutions Private Limited、SAP SE、SAS Institute Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]